特発性肺線維症(IPF)について



検査と診断

胸部レントゲン検査 症状や胸部レントゲン検査などで特発性肺線維症が疑われたら、他の呼吸器疾患の可能性を除外した上で、画像診断(高分解能CT)により確定診断されます。
判断が難しい場合は、肺生検を行うこともあります。


実施する問診・検査など

問診票での調査 家族歴、喫煙の有無、職業による粉塵吸入の経験の有無、住環境(工場からの排塵、ペットの飼育など)、 呼吸器以外の症状の有無
医師による診察 聴診器での呼吸音の確認、ばち指、その他の所見
血液中の酸素量 動脈血液ガス(動脈血採血)・パルスオキシメーターによる測定
血液検査 血清マーカー(KL−6、SP−D)などの検査
呼吸機能の検査 スパイロメトリーによる肺活量などの測定
画像診断 胸部レントゲン・高分解能CT検査

判断が難しい場合のみ行われる検査

気管支肺胞洗浄/
経気管支肺生検
気管支鏡という内視鏡を管支に挿入し検査します。
外科的肺生検 肺の一部を検体として少しだけ切り出して、顕微鏡で観察します。最近では、患者さまへの負担が少ない胸腔鏡下肺生検※が主流です。
※胸腔鏡下肺生検: 腋の下、腰の少し上、背中の3ヵ所に1cmくらいの穴を開けて、胸腔鏡と呼ばれるカメラと、切り取るための器具を挿入し、モニターに映し出された映像で確認しながら、肺組織を採る方法。
高分解能CT検査・スパイロメトリー
治療薬ピレスパ
特発性肺線維症について トップページへ Copyright (C) 2012 Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.