企業情報

  1. TOP > 
  2. 企業情報  > 
  3. コンプライアンス  > 
  4. シオノギグループコンプライアンスポリシー

シオノギグループコンプライアンスポリシー

I. 前文(目的)

シオノギでは、「シオノギの基本方針」の下、その活動範囲を海外にも拡大しており、その多様な国際的な活動は、国内外の子会社を含めグループ全体(シオノギグループ)として一体感を保ちながらそれぞれ有機的に機能し、倫理的にかつ適法に運営されなければならない。
そのために、シオノギはここにコンプライアンスポリシーを宣言する。

II. シオノギグループにおけるコンプライアンス

シオノギグループにおけるコンプライアンスは、法律、規則、規制等の遵守に留まらず、社会規範の遵守、更には企業・社会人としての倫理的行動をも含むものである。

概念図

III. シオノギグループにおけるコンプライアンスの推進

シオノギグループは、次の方針に則り、コンプライアンスを誠実に推進する。

  • a. シオノギは、社会から尊敬される会社となることを目指す。
  • b. その構成員たるシオノギグループの従業員も倫理的に適切な行動を取る。
  • c. シオノギグループの従業員は、コンプライアンスの徹底のために、第Ⅴ章に示される適正な判断を下すための方法と手順を踏んだ上で、適正な行動を取る。
  • d. 各グループ会社は、自社を取り巻く社会的状況や法令等の施行状況を考慮して、本ポリシーの精神および基本的な考えを反映したコンプライアンスハンドブック、行動指針等をそれぞれに作成し、コンプライアンスの浸透を図る。

IV. ポリシー宣言

本ポリシーは、以下に掲げる2つの礎と5つの柱から構成される。

  • a. 礎
    1. 倫理観に基づく誠実性(企業活動には不可欠な要素として):
      シオノギは、生命科学に携わるグローバル企業として更に成長し続けるためには、倫理観に裏打ちされた企業の誠実性が不可欠かつ最も重視すべきことと認識し、その維持・向上のために不断の努力を継続する。
    2. 一人ひとりの行動(コンプライアンスの基盤として):
      シオノギは、シオノギグループの従業員一人ひとりの行動がコンプライアンスの基盤であることを認識し、その一人ひとりに対し、常にコンプライアンスに適った行動をとるように要請する。
  • b. 柱
    1. 法令遵守(コンプライアンスの根幹として):
      シオノギは、企業経営および事業活動に関わるすべての法令を遵守する。
    2. 品質の確保(信頼性と安全性の根幹として):
      シオノギは、その製品およびそれに付随するサービスの品質を確保するために、国際的に通用する品質基準、管理規則、手順書を策定し、遵守する。
    3. 公正な取引・競争(信頼の実践のために):
      シオノギは、企業経営および事業活動において、顧客およびその他の取引先と適正な取引を行うとともに、競争関係にある企業等と公正な競争を行う。
    4. 情報の適切な開示と取扱い(信用の根幹として):
      シオノギは、自らが開示する情報の正確性が社会を含むすべてのステークホルダーの信頼の源泉であることを認識し、情報を適時適切に開示する。
      シオノギは、情報が重要な経営資源であることを認識し、自らが保有する情報だけではなく、他者の情報についても適切に取り扱う。
    5. 健全な職場環境の確保(差別の禁止および多様性の尊重のために):
      シオノギは、シオノギグループの従業員の人権および多様性を尊重し、 あらゆる方法で差別を排除し、シオノギグループの従業員が職務を果たすために適した職場環境を提供する。

概念図

V. コンプライアンスを確保するための対応方法

シオノギグループの従業員は、コンプライアンスの徹底のために、次の方法と手順に沿って、適正に判断し、適正な行動を取る。

  • a. まず自分で良く考える。
    最初のステップとして、まず立ち止まって自ら考える。
    自分が何かの行動をおこすときや、シオノギの他の人がしていることも含め、その善し悪しについて判断に迷ったときは、次に挙げた5つの質問を自らに問いかけてみる。
    • (1) 「そのこと」を、何かおかしいなと疑問に感じながらも、ハッキリさせないまま仕方なくやろうとしたり、見過ごそうとしたりしていませんか?
    • (2) 「そのこと」は、自分の良心に背くことにはなりませんか?
    • (3) 「そのこと」を、胸を張って家族に話すことができますか?
    • (4) 「そのこと」を、他の人がしているのを見たらあなたはどう思いますか?
    • (5) 「そのこと」は、結果としてシオノギを傷付けることにはなりませんか?
  • b. 所属長・App.(上司)へ相談する。
    次に、自ら判断することが難しい場合または迷った場合は、所属長やApp.(上司)へ相談する。
    *Appraiserを語源とした上司を示す社内用語
  • c. 専門家および/または専門部門・部署へも相談する。
    自分での判断が難しい場合または迷った場合、あるいは所属長・マネージャー(上司)に相談しても納得できる解決が得られない場合は、専門家や専門部門・部署(総務部、法務部、人事部など)へ相談する。

制定2012年4月1日

ページトップへ