企業情報

  1. TOP > 
  2. 企業情報  > 
  3. CSRへの取り組み  > 
  4. 人材像

人材像

シオノギが期待する人物像

シオノギの基本方針に心から共感し、自らの手で未来を勝ち獲る覚悟がある人

「シオノギ人の基本軸」として求める人物像。勝ち抜く強さ(やり抜く力)。変革と挑戦。自分らしさ(”強み”を生かす)。 未来を勝ち獲る!!「最もよい」が突き動かす。シオノギファミリーは闘い続ける。

私たち(シオノギファミリー)を突き動かすもの
それは、「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という強い想い
私たちが目指す未来は、自らの手で勝ち獲る

だからこそ、

Challenging!:“3万分の1”への挑戦

創薬の成功確率は、3万分の1とも言われる非常に厳しく険しい挑戦
それでも私たちは決してあきらめることなく、病に苦しむ患者さんと一緒に闘い、
挑戦し続けます
それが、私たちの使命

Growing!:自らの力で世界へ

病に国境はありません
世界中の患者さんへ 「最もよい薬」を届けたい
研究開発型のグローバル製薬企業として単独で着実に成長を続けるために、
グローバルに開発・販売拠点を整え、いよいよ成長軌道に乗るステージを迎えました

Encouraging!:全ては患者さんの笑顔のために

私達が進む道は、決して平坦ではない
闘い続けなければ、乗り越えられない
それでも、私たちを突き動かすものは、ただ一つ
全ては患者さんの笑顔のために

私たちは闘い続ける

マネジャー像、組織長像

創薬型製薬企業として発展していくために、マネジャー、組織長の指針となる人材像を作成し、これからのシオノギのマネジャー、組織長に最も強く求めたい内容を明確にしました。人材像を意識した行動変容へと繋げるために、人材像を反映した評価を実施し、人材像の浸透とマネジャー強化に向けた取り組みを推進していきます。マネジャー、組織長が謙虚に自身を振り返り、日々の研鑽やマネジャー育成のツールとして人材像を活用していきます。

シオノギのマネジャー像

  • マネジャーはこれまでの延長線上で成し得るものではなく、全く新しい職種であるということを自覚している。
  • 協力者(部下)はかけがえのない存在であるという認識に立ち、その育成に責任を持つことの重みを実感しているからこそ、まずは自らが誰よりも勉強している。
  • 常に外に目を向け、社外のネットワークを構築し、自身のレベルを謙虚に知る努力をするとともに、グループの業務を革新するための情報を常にアップデートしている。
  • 自組織のみの観点からではなく、全体最適の観点から思考、行動している。
  • ファイティングスピリットを持ち、組織の中で飛び抜けたマネジャーであろうと努力している。そのために、自らの提案を積極的に展開できるだけの論理性を磨いている。
  • コンプライアンス推進に自ら携わった経験があり、高い意識を持って自ら実践できている。
  • 常にシオノギの経営理念である「基本方針」に立ち返り、シオノギ人としての誇りを持ち、自らの専門性、技術を向上させるとともに人間としての品格を磨いている。

※一般的にマネジャーとして求められるものの中から、これからのシオノギのマネジャーに強く求めたい内容を記載

ページトップへ