企業情報

  1. TOP > 
  2. 企業情報  > 
  3. CSRへの取り組み  > 
  4. CSRの取り組みに関するポリシー  > 
  5. シオノギグループ品質ポリシー

シオノギグループ品質ポリシー

「シオノギグループ品質ポリシー」の制定と「シオノギ製品ポリシー」の廃止について

シオノギは、2014年4月に2020年に向けた新中期経営計画「Shionogi Growth Strategy 2020(SGS2020)」をスタートさせ、「新薬創出型製薬企業として成長する」ためグローバル化を加速しています.このグローバル化に伴い、シオノギを取り巻く環境は急速に変化し,品質の追求及び継続的改善、顧客満足はシオノギにとってこれまでより一層重要なものとなってきています。
こういった状況の中、シオノギの基本方針「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」をシオノギグループ全体で再認識し、シオノギの薬を必要とされる世界の患者様、顧客、株主、規制当局、提携会社の皆様のご期待に沿うため、今般「シオノギ製品ポリシー」を見直し、全シオノギグループを包含するシオノギ製品の重要な品質方針として新たに「シオノギグループ品質ポリシー」を策定しました。

シオノギグループ品質ポリシー

シオノギは常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬をグローバルに提供します。
そのために、シオノギグループ品質ポリシーをここに定め、製品に係る全ての活動の質を向上させ、患者様、顧客、株主、規制当局、提携会社、従業員の期待に応えることを約束します。

シオノギは、

  • 基準と法規制を遵守します。
  • グローバルな基準と要件を満たす品質保証体制を維持します。
  • 品質を最優先する環境を維持します。
  • 全従業員に対し必要な教育を継続的に実施します。
  • 供給業者、委託製造業者の品質システムを監視し、改善を推進します。

そのために、シオノギ経営陣は、

  • 定期的に品質保証体制を評価し、経営資源を適正に配分することに よりシオノギの業務、製品そしてサービスの質を継続的に改善します。
  • 製品品質向上及び顧客満足提供のために最善の意思決定をします。

(2015年7月14日制定)

ページトップへ