企業情報

  1. TOP > 
  2. 企業情報  > 
  3. CSRへの取り組み  > 
  4. CSRの取り組みに関するポリシー  > 
  5. 企業活動と患者団体の関係およびOTC医薬品企業の活動と医療機関等との関係の透明性ガイドラインに基づく情報公開について

企業活動と患者団体の関係およびOTC医薬品企業の活動と医療機関等との関係の透明性ガイドラインに基づく情報公開について

当社は、企業理念である「基本方針」「行動方針」に基づき、世界中の人々の健康の増進と、QOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献するために、より一層満足度の高い医薬品をお届けすることを使命として、医療用医薬品を始め、一般用医薬品や診断薬の研究開発、製造、販売活動に日々取組んでおります。
この使命を果たすべき行動基準として、当社制定の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」に基づき、日本製薬工業協会制定の「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」、日本OTC医薬品協会制定の「OTC医薬品企業の活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に従い、国内の患者団体に対して提供した資金等(労務提供等を含む)の情報、OTC医薬品事業部門から医療機関等・医療関係者等に提供した資金の情報を公開いたします。
情報を公開するにあたり、以下の「1.公開にあたっての定義および原則」「2.公開項目詳細」を基準にデータを作成しております。
医療機関、医療関係者等および患者会・患者団体の皆様におかれましては、何卒ご理解賜り、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

Ⅰ.企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドラインに基づく情報公開

1.公開にあたっての定義および原則

  • (1) 患者団体とは、患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的をもつ国内の患者会・患者支援団体をいいます。
    なお、団体を対象とし、個人は対象といたしません。
    また患者とは関わりのない市民団体等が開催する疾患啓発・健康保持増進目的の一般市民向けイベントは対象といたしません。
  • (2) 公開方法は、インターネット上の当社ウェブサイト等にて、公開いたします。
  • (3) 公開する資金等(労務提供等を含む)については、2013年度分を決算終了後に2014年度から公開いたします。以後、同様の対応といたします。
  • (4) 公開対象期間は、年度単位で、当年4月1日から翌年3月31日までの1年間とします。
  • (5) 決算を基準(決算計上ベース)として公開いたします。
  • (6) 金額については、消費税は含まず公開いたします。
  • (7) 資金等の提供先患者団体は、支払時点の名称で公開することを原則とします。
  • (8) 患者団体へ提供した資金等については、価額を問わず公開の対象といたします。
  • (9) 国内のグループ会社による資金等の提供についても公開の対象といたします。
    (海外グループ会社は対象外といたします。)
  • (10) 企画会社等の外注業者や財団法人等(社団・会社法人・NPO法人等を含む)の第三者に支払うものについても、当該第三者を経由して患者団体へ提供されることが明らかな資金等については公開の対象といたします。
  • (11) 当社と他社が共同で事業を行った場合の資金等については、当社提供分についてのみ公開の対象といたします。なお、当社が代表としてお支払したものについては、当社にて公開いたします。
  • (12) 資金等の提供先である国内の患者団体から、情報公開に関して、あらかじめ原則として文書による同意を取得いたします。
    なお、提供先患者団体から同意手続き不要との発表や差入書等があった場合は除きます。
    また、国内の患者団体が情報公開に同意されない場合、これらの患者団体に対しては、当該資金等の提供は行いません。

2.公開項目詳細

  • (1) 直接資金提供
    定款・会則等で定められた患者団体の活動支援を目的とした、当団体への資金提供等であり、当社から拠出する「寄附金・協賛金・会費・賛助会費・広告費等」を以下の要領で公開いたします。
    • ●寄附金・協賛金:患者団体の活動支援を目的とした資金提供
    • ●会費・賛助会費:患者団体への加盟費用(会費・賛助会費)
    • ●広告費等:患者団体の活動における機関誌等への広告掲載費用
    • 公開方法:患者団体名および費用項目ごとの年間総額
  • (2) 間接的資金提供
    患者団体の活動支援を目的とした当社の主催また、患者団体との共催の講演会・説明会・研修会等に伴う費用及び患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用を以下の要領で公開いたします。
    • ●主催・共催の講演会・説明会・研修会等に伴う費用(会場費等)
    • ●外部業者に業務等を委託した費用
      • ・一般の参加者、聴講者の交通費、宿泊費等にかかる資金の提供は行いません。
      • 公開方法:当社における年間総額、支援患者団体名でのリスト開示
  • (3) 会員会社からの依頼事項への謝礼等
    当社から患者団体へ委託した業務に対する謝礼(講師謝金・原稿執筆料・監修料・アドバイザー等の費用)を以下の要領で公開いたします。
    • ●講師謝金:講演等の依頼に対する対価費用
    • ●原稿執筆料・監修料:原稿執筆料・監修料、翻訳料等の依頼に対する対価費用
    • ●アドバイザー等の費用(コンサルティング等業務委託費):上記に該当しない業務委託に対する対価費用
      • ・患者団体に所属される個人に対し、患者団体の活動に関わる講演等を依頼する場合は、公開対象といたします。その場合、患者団体を通じて依頼いたします。
      • ・演者が患者団体に所属されていても、患者団体と全く関係のない立場で講演を依頼する場合は、公開対象外とします。
      • 公開方法:患者団体名および費用項目ごとの年間総額
  • (4) その他の費用(労務提供等)
    患者団体の活動支援を目的とした上記(1)から(3)以外の労務その他の役務の提供を以下の要領で公開いたします。
    • ●労務・その他の役務:労務の提供・会社備品等の提供等
    • 公開方法:患者団体名でのリスト開示といたします。

Ⅱ.OTC医薬品企業の活動と医療機器の関係の透明性ガイドラインに基づく情報公開

1.公開にあたっての定義および原則

  • (1) 当社制定の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」における「公開対象項目詳細」および日本OTC医薬品協会制定の「OTC医薬品企業の活動と医療機関の関係の透明性ガイドライン」に従います。なお、公開方法、対象期間などは、「Ⅰ.企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドラインに基づく情報公開」1.(2)~(6)、(9)に準じて公開いたします。

2.公開項目詳細

  • (A) 研究開発費等
    GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験、OTC医薬品等の開発の治験及び製造販売後臨床試験、GPSP省令、GVP省令などの公的規制のもと実施される副作用、感染症症例報告、製造販売後調査等の費用
    • ●共同研究費、委託研究費、臨床試験費、製造販売後臨床試験費、副作用・感染症症例報告費、製造販売後調査費
    公開方法:年間の総額
  • (B) 学術研究助成費
    学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄付金、一般寄付金、及び学会等の会合開催費用の支援としての学会寄付金、学会共催費
    • ●奨学寄附金、学会寄附金、一般寄附金、学会共催費
    公開方法:年間の件数・総額
  • (C) 原稿執筆料等
    OTC医薬品等に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等
    • ●講師謝金、原稿執筆料・監修料、コンサルティング等業務委託費
    公開方法:年間の件数・総額
  • (D) 情報提供関連費
    医療関係者に対するOTC医薬品等の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用
    • ●講演会費、説明会費
    公開方法:年間の件数・総額
    • ●医学・薬学関連文献等提供費
    公開方法:年間の総額
  • (E) その他の費用等
    OTC医薬品等の研究開発に関連する医療関係者への社会的儀礼としての費用
    • ●接遇等費用
    公開方法:年間の総額

ページトップへ