企業情報

  1. TOP > 
  2. 企業情報  > 
  3. 事業展開  > 
  4. 医薬品事業

医薬品事業

医療用医薬品事業

医療用医薬品事業は、シオノギの売上高全体の90%以上を占めるコア事業です。シオノギの医薬情報担当者(MR)は、多様化・複雑化する患者さまや医療関係者の方々のニーズにお応えするために、適正使用に関する情報を科学的な根拠に基づき提供することが重要であると考え、日々活動しています。

国内における医療用医薬品事業

戦略8品目

「代謝性疾患」「疼痛」「感染症」を重点領域と位置づけ、高コレステロール血症治療薬「クレストール」、高血圧症治療薬「イルベタンファミリー(イルベタン、アイミクス、イルトラ)」、抗うつ薬「サインバルタ」を含む8つの新薬を重点品目として、製品の最大化により医療に貢献できるよう情報提供を行っています。

OTC医薬品事業

OTC医薬品事業では、お客さまのライフスタイルにあわせた製品を取り揃え、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上に取り組んでまいります。

体外診断用医薬品事業

感染症、心血管疾患、アレルギー疾患における製品販売と情報提供を行っています。感染症の領域では、インフルエンザの迅速検査試薬である「ブライトポックFlu」を販売し、インフルエンザ治療薬である「ラピアクタ」と連携して、診断から治療までのトータルケアを目指しています。心血管疾患の領域においては、心不全の診断と病態把握に役立つBNPのライセンサーとして、国内外の関係各社と協力して心不全の早期発見に努めています。アレルギー疾患の領域では、原因物質を推定できる試薬の「アラポートHRT」やアトピー性皮膚炎の重症度を反映する「HISCL-TARC」が注目を集めています。シオノギは、体外診断用医薬品事業においても病気の診断や病態把握、予知に役立つ試薬を通じて、医療用医薬品とともに早期診断・早期治療により患者さまや受診者さまの健康に奉仕できるよう努力を続けています。

ページトップへ