よく知って、しっかり予防。
生活習慣病 メタボリックシンドローム
生活習慣病ってなに?へ
肥満について
糖尿病について
脂質異常症について
高血圧について
用語解説
ひと目でわかるメタボリックシンドロームへ
生活習慣病トップに戻る
用語解説
あ か さ た な は ま や ら
 あ
インスリン
膵臓から分泌される体内の血糖を下げる唯一のホルモンで、食後に上がった血糖を元に戻す働きを持っています。また、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて肝臓などにエネルギーとして蓄える働きもあります。
HDL(善玉)コレステロール
体内に広く運ばれたコレステロールのうち、余分になって末梢組織の細胞にたまったコレステロールを取り込み、肝臓へ戻す役割を果たしているリポ蛋白(HDL)に含まれるコレステロールです。動脈硬化など血管障害の危険を引き起こす余分なコレステロールを取り除く、いわば回収役であることから「善玉コレステロール」と呼ばれています。
LDL(悪玉)コレステロール
肝臓でつくられたコレステロールを体内に広く運ぶ役割を持っているリポ蛋白(LDL)に含まれるコレステロールです。動脈硬化などの危険因子であることから「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
ページトップへ▲
 か
合併症
一つの病気にかかっているとき、同時に起きる他の病気のこと。併発症ともいいます。糖尿病は、糖尿病に関連したさまざまな合併症を起こしやすく病状を進行させます。
仮面高血圧
家庭で測ると高めの血圧なのに、病院で測ると正常血圧である状態をいいます。病態としては高血圧なのに、一時的に仮面をかぶった状態なのでこの名がつきました。特に朝の早い時間帯に血圧が高くなることが多く、早朝高血圧と呼ばれ、治療の対象となります。仮面高血圧は、たばこを吸う人やストレスの多い人にみられます。また、逆に、家庭で測ると正常血圧なのに病院で測ると高血圧である状態を「白衣高血圧」といいます。
肝臓病
肝臓は、「からだの化学工場」と呼ばれ、消化管から吸収された栄養素を原料としてブドウ糖やコレステロール等さまざまなものを合成する臓器です。肝臓の病気には、ウイルスに感染して起こる急性肝炎や慢性肝炎(B型、C型)、アルコールによる肝炎とそれらが進行した肝硬変、肝がんなどがあります。最近ではメタボリックシンドロームに伴う脂肪肝(肝臓の細胞に中性脂肪が蓄積する)や、それが進行した非アルコール性脂肪性肝炎(NASHと呼ばれる)が注目されています。
危険因子
病気にかかったり、病気によって亡くなったりすることに影響する、あるいは影響があると思われる原因のこと。リスクファクターともいいます。
基礎代謝
人が生きていくために最低限必要なエネルギーのことで、安静にしているときの消費エネルギー量がこれに相当します。個人差はありますが、生後成長するにつれて高くなり、青年期をピークに減少していきます。厚生労働省では基礎代謝基準値として年齢別に1日に必要とするエネルギー量を設定しています(食事摂取基準)。
狭心症
冠状動脈の動脈硬化などにより、心筋へ流れ込む血液が一時的に減少することによって起きます。胸に痛みや締めつけられる感じをおぼえる疾患です。
空腹時血糖値
血糖値は食後に上がり、食前などの空腹時にはさがります。糖尿病かどうかを調べる際は、空腹時の血糖値を測定し、空腹時血糖値が126mg/dL以上で糖尿病と診断されます。初期の糖尿病では、空腹時に血糖値が上がらないことがあるので、心配な場合は専門の検査を受ける必要があります。
血圧
心臓から血液が押し出されるとき、血管内に生じる圧力のこと。心臓に近い動脈ほどその圧力は高く、毛細血管、静脈の順に血圧は低くなります。血圧の測定には、ふつう心臓の高さで上腕部の動脈で測定した値を用います。
血糖値
血糖値は、血液中のブドウ糖の量を示す値です。血液中に含まれるブドウ糖は人間のエネルギー源になっています。血糖値は糖尿病の診断や管理に用いられます。
原発性肥満
肥満を起こす病的な原因がはっきりわかっていない肥満を原発性肥満といいます。原発性肥満は、食べ過ぎや運動不足、太りやすい体質など、いくつもの原因が重なって起こると考えられています。普通にいう肥満は、原発性肥満です。
高LDLコレステロール血症
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が高い(140mg/dL以上)タイプの脂質異常症。動脈硬化の危険性が高い脂質異常症です。
高血圧
血圧が高い状態をいいます。最高血圧140(mmHg)以上、最低血圧90(mmHg)以上が高血圧と診断されます。血圧が高い状態が続くと、常に血管に負荷がかかるため、血管の壁が傷みやすくなります。高血圧の持続により動脈硬化が起こり、脳卒中、心臓病(狭心症、心筋梗塞)や腎臓病の原因になります。
高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)
中性脂肪(トリグリセライド)値が高い(150mg/dL以上)タイプの脂質異常症。メタボリックシンドロームや糖尿病の人に多くみられます。
骨粗しょう症
骨は硬い石のように見えますが、骨組織内では常に新しいたんぱく質とカルシウムをとり込み、古い骨は壊され再生されています。骨の新陳代謝は、20歳ごろをピークに衰えていきますが、たんぱく質やカルシウムが不足すると骨がもろくなり、骨量も減ってきてスカスカの状態になります。これが骨粗しょう症で、ちょっとした転倒で骨折を起こしたりします。ホルモンの分泌とも関係しており、閉経後の女性に多い病気です。
コレステロール
血液中のリポ蛋白によって全身に運ばれ、体内に広く分布される脂質の一種です。主に肝臓でつくられますが一部食物中に含まれており、小腸で吸収されます。細胞膜を構成する成分の一つで、胆汁やステロイドホルモン、ビタミンDの前段階の成分として重要な役割を果たしています。しかし、血液中に循環する量が過剰になると、血管内に沈着して、さまざまな血管障害をもたらします。
混合型高脂血症
LDL(悪玉)コレステロール値とトリグリセライド値の両方が高いタイプの高脂血症です。動脈硬化疾患を引き起こす危険性が高くなります。
ページトップへ▲
 さ
細胞膜
細胞を包み込んでいる膜。主にリン脂質、コレステロールとたんぱく質からなり、他の細胞から必要な物質を選びとったり、代謝に必要な物質を輸送するほか、細胞間の情報伝達や免疫の働きをするなど、さまざまな機能を持っています。
脂質
生体内にあって、水に溶けない物質の総称です。脂肪酸、中性脂肪、リン脂質、コレステロールなどに分類され、エネルギー源になるほか、細胞膜や血液、ホルモンの原料となり、ビタミンA・D・Eの吸収を助けるなど、大きな役割を果たしています。
脂質異常症
血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質(血清脂質)が異常に多くなる、またはHDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気です。ほとんど自覚症状がありませんが、放置すると動脈硬化が進行し、心筋梗塞、狭心症や脳卒中を引き起こすもとになります。
歯周病
歯茎についた歯垢(プラーク)によって起きます。歯垢は細菌の塊(かたまり)で、この中に歯周病細菌がいます。歯と歯肉の間にある歯周ポケットでこの細菌は繁殖し、歯肉のはれや出血、口臭などの症状を引き起こします。病気が進むと歯肉がやせ、歯のまわりの骨がとけてきて、歯が抜け落ちてしまいます。
脂肪肝
内臓脂肪から大量の脂肪が肝臓に流入し、肝臓の脂質代謝異常を起こし、肝細胞内に中性脂肪が過剰に蓄積される病気です。食べ過ぎ、飲み過ぎが主な原因で、肥満した人に多く、生活習慣病の一つです。
脂肪酸
食物中に含まれる脂質の主な成分で、その構造によって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とがあり、飽和脂肪酸は肉、卵などに、不飽和脂肪酸はオリーブ油、大豆油に多く含まれます。飽和脂肪酸の取りすぎはLDLコレステロールを増加させ、動脈硬化の原因となります。
収縮期血圧・拡張期血圧(最高血圧・最低血圧)
心臓が収縮したときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)、心臓が拡張したときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧の測定には、両方が測定されます。診断基準では、収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧 90 mmHg 以上とし、両方またはいずれかが高値でも高血圧となります。
食後2時間血糖値
血糖値はふつう食事をすると上昇しますが、健康な人は食後しばらくすると元に戻ります。逆に問題がある場合、血糖値は元に戻りません。また、糖尿病にかかっている場合、空腹時は正常でも食後2時間血糖値だけ高くなる傾向があることが最近わかってきました。食後2時間血糖値の測定は、ブドウ糖負荷試験によって行われます。食後2時間血糖値が200mg/dL以上は糖尿病と診断されます。
心筋梗塞
心臓の筋肉に血液を送っている冠状動脈が動脈硬化を起こし、血管がつまります。このため、心筋に必要な血液を送ることができず酸素不足となり、心筋が壊死を起こします。胸部に激しい痛みが起こり、呼吸困難や不整脈を伴います。特に急性心筋梗塞は死亡率が高くなります。
心血管疾患
心臓の血管(冠動脈)の異常によって起こる病気の総称で、その代表的な疾患は心筋梗塞、狭心症です。
腎臓病
腎臓は、尿をつくり排泄して体内の老廃物を処理するほか、電解質や血圧の調節、造血ホルモンの産生作用とビタミンDの代謝などの役割を果たしています。糖尿病や高血圧、その他種々の原因により腎臓の機能が低下し、血尿やたんぱく尿を伴う状態を慢性腎臓病(CKD)といいます。慢性腎臓病の患者さんの数は2000万人程度といわれています。進行すると透析に至ります。
睡眠時無呼吸症候群
胸のまわりに脂肪が増えると、肺がふくらみにくくなり、息を吐く力が低下します。また、のど(気管)の内側に脂肪がついて細くなってしまうと、気管を空気が通りにくくなり、息が止まります。息が止まると酸欠状態になり、苦しくなって大きないびきをかいて息を吐き出します。このように息が止まる(無呼吸)回数が増えると、眠りが浅く熟睡できなくなります。日中に急に眠気に襲われるほか、高血圧をはじめとする生活習慣病などさまざまな病気の原因になりますが、適切な治療を受けることで症状をコントロールすることができます。
ページトップへ▲
 た
体脂肪率
体重に占める脂肪の割合をいいます。BMIは、身長と体重から算出したものですが、体脂肪率は、微弱電流をからだに通し、電気抵抗を利用した体脂肪計で脂肪蓄積率を測定します。体脂肪率の標準的な値は、男性が15〜20%、女性が20〜25%となっています。体脂肪計を使うと、体重は適正でも体脂肪率が高いいわゆる「隠れ肥満」を見つけることができます。
代謝
食べ物などから化合物をつくりエネルギーにする体内の反応を代謝(メタボリズム)といい、その量が代謝量(単位:カロリー)です。安静時(生命の維持に必要最小限)に必要な代謝量は基礎代謝と呼んでいます。
耐糖能異常
糖尿病の前段階で、糖負荷試験2時間後の血糖値が高い状態をいいます。耐糖能異常の人は食後高血糖状態で、空腹時血糖異常の人よりも、糖尿病になる確率や動脈硬化性疾患の危険性が高いといわれています。
胆汁酸
肝臓でつくられる胆汁に含まれる主な成分の一種。肝臓内のコレステロールから生成され、脂肪を乳化して消化吸収に重要な役割を果たしています。
中性脂肪(トリグリセライド)
トリグリセライドともいい、ヒトのエネルギー源として欠かせない脂質の一種です。糖質、脂肪、アルコールの取り過ぎや、糖尿病などで中性脂肪が高くなると、動脈硬化を起こしやすくなります。
超悪玉コレステロール
通常のLDLコレステロールに比べて小型で、比重が高く、より酸化されやすく、血管壁に入りやすいなどの特徴があるため、動脈硬化さらには心筋梗塞などを引き起こす確率を高めるコレステロールといわれています。
痛風
病名は、「風が吹いても痛い」ことに由来します。血中の尿酸が増加する高尿酸血症が続くと、足の親指の付け根の関節などに炎症が起こり、激痛を生じる疾患です。ほうっておくと、関節ばかりでなく、腎障害や尿路結石などを生じ、多くの生活習慣病と合併しやすく、動脈硬化を促進します。
低HDLコレステロール血症
HDLコレステロール(善玉コレステロール)値が低い(40mg/dL未満)タイプの血清脂質異常で、動脈硬化の危険性が高くなります。
糖質
一般的には炭水化物とも呼ばれています。糖質には、ブドウ糖や果糖などの「単糖類」、しょ糖、麦芽糖、乳糖などの「ニ糖類」、穀物や芋に含まれるでんぷん、動物の体内にあるグリコーゲンなどの「多糖類」があります。どれも、エネルギー源として欠かせない栄養素ですが、余った分は脂肪として蓄えられるため、取り過ぎを抑え、糖質の代謝を高める運動を取り入れることが大切です。
糖尿病
慢性的に血糖値の高い状態を伴います。遺伝性に加えウイルスなどによって生じる自己免疫異常にもとづく「1型」、遺伝のほか肥満やストレスなど生活習慣にもとづく「2型」に大別されます。ほとんどの糖尿病は2型で、膵臓でインスリンを作る力が次第に弱まっていきます。糖尿病になると血液中の糖を処理できなくなるため、血管などにさまざまな障害をもたらし、進行すると三大合併症(腎症、神経障害、網膜症)や心筋梗塞、脳卒中の原因になります。
糖尿病性神経障害
腎症、網膜症と並んで糖尿病の細小血管の三大合併症とされています。高血糖により末梢神経に障害が起きます。手足のしびれや痛み、感覚の麻痺にはじまり、下痢や便秘のくり返し、立ちくらみ、味覚が鈍くなる、発汗異常など自律神経にも障害が起きます。
糖尿病性腎症
糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害とともに糖尿病の細小血管の三大合併症のうちの1つです。これは糖尿病が始まった頃から進行しますが、最初の頃はアルブミンという尿中のたんぱく質を測定することで発見できます。高血糖が数年続くと、持続性の蛋白尿が現われ、さらに経過すると腎臓の機能が低下し、腎不全や尿毒症を引き起こすため、透析療法が必要になります。
糖尿病性網膜症
高血糖等により、網膜に張りめぐらされている毛細血管がおかされ、網膜に障害が起こることです。腎症、神経障害と並んで糖尿病の細小血管の三大合併症とされています。痛い、かゆいといった自覚症状がなく、突然網膜が剥離して失明にいたることもあります。
動脈硬化
若い人や健康な人の動脈は、弾力があり、血管内部もきれいで血液をなめらかに運びます。しかし、加齢や生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)によって、血管壁が厚くなり、弾力を失いもろくなってきます。この状態を動脈硬化と呼び、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などへの引き金になります。
ページトップへ▲
 な
内臓脂肪
腸や内臓の周りにつく脂肪です。特に腸の外側にある腸間膜と呼ばれるところにたまるため、内臓脂肪が増えるとおなか周りが太ってきます。皮下脂肪に比べると、生活習慣病につながりやすい脂肪です。
内臓脂肪型肥満
内臓脂肪が増え、上半身が太り外見がリンゴ型になるタイプの肥満です。内臓脂肪型肥満は、中性脂肪値の高い人が多く、糖尿病や脂質異常症、高血圧などを起こしやすくなり、動脈硬化への危険因子が高まります。動脈硬化が進行すると、血管疾患を発症する危険性も高まるため、このタイプの肥満がメタボリックシンドロームの主な原因と考えられています。
二次性高血圧
原因のはっきりしない本態性高血圧と異なり、腎臓の疾患やホルモンの異常、薬剤などによって起こる高血圧です。
二次性肥満
内分泌疾患や神経中枢のある視床下部の障害、さらには薬や遺伝的な影響が原因で起きる特定の病気が原因で起こる肥満をいいます。
尿糖
尿中に含まれるブドウ糖のことです。糖尿病の診断や管理には濃度を測定して用いられます。
脳血管疾患
脳の血管の異常によって起こる病気で、脳血管障害、 脳卒中ともいいます。大別して、血管が詰まって起こる脳梗塞、血管が破れ出血したために起こる脳出血があります。
脳梗塞
脳の血管が詰まり、その先の組織に栄養と酸素が届かなくなり、脳が壊死する病気です。原因としては、脳の血管に動脈硬化が起こり、そこに血栓ができる「脳血栓」、心臓や頚動脈など脳以外にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれてきて詰まる「脳塞栓」(のうそくせん)があります。
脳卒中
脳の血管に障害が起き、脳の細胞が壊される病気の総称で「脳血管障害」と呼ばれています。血管が詰まって脳細胞への血流がとだえる“虚血性”と、脳の血管が破れ出血する“出血性”の2つに分けられます。虚血性の病気には、血管が完全に詰まってしまう「脳梗塞」と、血管が一時的に詰まる「一過性脳虚血症(発作)」があります。出血性の病気には、脳の内部で出血が起こる「脳出血」と、脳を保護するくも膜の下で出血する「くも膜下出血」があります。脳に障害を受けるため、どの病気もその後の生活に支障をきたし、命にかかわることもあります。
ページトップへ▲
 は
BMI
BMI(体重指数)はBody Mass Indexの略で、世界的な肥満の判定基準として、広く利用されており、体重(kg)を身長(m)で2回割った値。肥満の程度を簡単に知ることができます。BMI18.5〜25が普通体重、25以上が肥満と判定されます。
皮下脂肪
皮膚のすぐ下の組織(皮下組織)につく脂肪です。特に女性のお尻や太ももなど下半身につくのが特徴です。外見は下半身が太ってきますが、内臓脂肪に比べ動脈硬化を起こしにくい脂肪といえます。
皮下脂肪型肥満
主にお尻や太ももなど下半身に脂肪がつく、女性に多いタイプの肥満です。多くは外見が洋ナシに見えることから、「洋ナシ型肥満」ともいわれます。消費エネルギーが摂取エネルギーよりも大きく下回ると、皮下脂肪として蓄積されます。体質もありますが、運動不足や過食など、生活習慣に大きな原因があるとされています。
肥満
肥満というと、一般的には太っていることをいいますが、医学的には体内に過度の脂肪(体脂肪)が蓄積された状態をいいます。体重指数であるBMI〔体重 (kg)/身長(m)2〕を用いて判定され、18.5〜25が普通の体重で、25以上が肥満となります。
標準体重
最も病気になりにくいとされるBMI22に相当する体重をいい、身長(m)2×22(BMI)で算出します。
ブドウ糖
単糖類の一種で、ぶどう、柿などの果物や蜂蜜などに含まれ、人体の血液中にも一定量があります。
ホルモン
脳下垂体など特定の組織や器官で生産、分泌され、血液などをとおして体内の様々な組織に運ばれ、成長と成熟、生殖機能、エネルギー代謝、ストレスへの防御など、さまざまな調整機能の役割を果たしています。性ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどがあります。
本態性高血圧
原因のはっきりしていない高血圧をいい、高血圧のほとんどがこのタイプの高血圧です。体質(遺伝)や加齢もありますが、多くは肥満、耐糖能異常(糖尿病予備軍)、ストレス、喫煙、塩分の多い食事、飲酒習慣、不規則な生活など、悪い生活習慣が重なることによって発症の危険性が高まります。
ページトップへ▲
 ま
ミネラル
からだの機能を保つうえでかかせない微量栄養素。カルシウム、カリウム、ナトリウム、リンなど16種類のミネラルが「必須ミネラル」と呼ばれ、体内のエネルギー代謝などに必要な酵素を活性化させる働きがあります。ミネラルは体内でつくることができないので、すべてを食物からとる必要があります。不足すると、生活習慣病などへの危険性を高めます。
メタボリックシンドローム
メタボリックとは「代謝」の意味で、肥満をベースに高血圧、糖尿病、脂質異常症などが重なると動脈硬化性疾患にかかるケースが多いことから、このような状態を「メタボリックシンドローム」といいます。わが国では、2005年4月、日本内科学会など8学会によって、内臓脂肪の過剰な蓄積を主原因とした診断基準が発表されました。
ページトップへ▲
 や
有酸素運動
エアロビクス(aerobics)の訳で、酸素を多く取り込んで、効率よく脂質を燃焼させる運動のことで、1960年代にアメリカの医師クーパー博士が、全身の持久力を養うために工夫し、あみ出したトレーニング法。汗ばむ程度に継続できる運動がよいとされ、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどがすすめられています。
ページトップへ▲
 ら
リポ蛋白
脂質とたんぱく質が結びついて、血液中に溶け込んでいる小粒子。その組成によって比重や粒子の大きさが異なり5種類に分けられます。HDL、LDLはそのうちの代表的なもので、HDLを増やして、LDLを減らすことが脂質異常症、動脈硬化を防ぐ大きなポイントになります。
リポ蛋白リパーゼ
脂質、特に中性脂肪(トリグリセライド)を、脂肪酸とグリセリンとに加水分解する酵素。欠損すると中性脂肪値が著しく上昇します。
リン脂質
グリセリン、脂肪酸とリン酸が結合した脂質で、人の細胞膜や脳、神経組織、肝臓などの構成成分として、また、種々の細胞の機能の維持に重要な役割を果たしています。

ページトップへ