よく知って、しっかり予防。
生活習慣病 メタボリックシンドローム
生活習慣病ってなに?へ
肥満について
糖尿病について
脂質異常症について
高血圧について
用語解説へ
ひと目でわかるメタボリックシンドロームへ
生活習慣病トップに戻る
脂質異常症について
【監修】大阪大学大学院医学系研究科 総合地域医療学寄附講座循環器内科学教授 山下静也先生
脂質異常症は、これまで高脂血症と呼ばれたもので、糖尿病高血圧に比べるとあまり知られていません。しかし、潜在患者を含めると3,200万人もいるといわれています。男性は30代から、女性は50代からその頻度が増加し、特に50代以降の女性では約2人に1人が脂質異常の状態にあるといわれ、日本人の脂質異常症患者は増加の一途にあります。放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞脳卒中の危険が高まるこの病気。リスクをよく知って、予防のためのライフスタイルを実践しましょう。
(1)脂質異常症ってどんな病気? (4)脂質異常症と高脂血症
(2)コレステロールと中性脂肪 (5)食生活で脂質異常症を防ぐ
(3)脂質の量は検診でわかる (6)運動で脂質異常症を防ぐ
1:脂質異常症ってどんな病気?
脂質異常症は、これまで高脂血症と呼ばれた病気で、血液中のLDL(悪玉)コレステロール中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質(血清脂質)が異常に多くなる、またはHDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気です。
脂質に偏りが生じるだけでは、ほとんど自覚症状がないため、そのまま放置しておくことが少なくありません。すると、脂質が血管壁にたまって、血管を狭め、動脈が硬く、もろくなっていきます。このような動脈硬化が進行すると、心筋梗塞狭心症脳卒中を引き起こすもとになります。

ページトップへ