よく知って、しっかり予防。
生活習慣病 メタボリックシンドローム
生活習慣病ってなに?
肥満について
糖尿病について
脂質異常症について
高血圧について
用語解説へ
ひと目でわかるメタボリックシンドロームへ
生活習慣病トップに戻る
生活習慣病ってなに?
(1)生活習慣病はこんな病気 (4)おなかの周りに脂肪がたまる肥満に注意
(2)メタボリックシンドロームとは? (5)動脈硬化になるとこんなことに……
(3)生活習慣の乱れからドミノ倒しに病気に (6)肥満・動脈硬化を防ぐには
6:肥満・動脈硬化を防ぐには
生活習慣病の原因は、体質もありますが、多くはライフスタイルにあります。特にメタボリックシンドロームが増えている背景には、私たちの食生活の欧米化と運動不足による内臓脂肪型肥満の増加があるといわれています。
生活習慣病、メタボリックシンドロームを防ぐには、肥満をはじめとするリスクを毎日の生活からとり除くことです。
1. 魚中心の日本食がおすすめ
主食、主菜、副菜を基本に、栄養バランスの取れた食事を、3食きちんと腹八分でとりましょう。コレステロールの高いものを避け、動物性脂肪より植物性脂肪を。魚やごはんなどの穀類を取り入れた日本食がおすすめです。ただし塩分のとり過ぎにご注意(1日10g未満)。
2. 1日6,000歩を目標に、よくからだを動かす
ジョギングや水泳など、有酸素運動を毎日続けることが理想ですが、だれもが手軽にできるのが歩くこと。1日10,000歩が理想とされていますが、6,000歩でも中性脂肪を減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やすといわれます。続けることが大切です。
3. 自分流のリラックスライフ
ストレスは生活習慣病の大敵。1日の疲れは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって、からだを休めましょう。
早めの就寝で安眠体勢に。
休日は仕事や家事を忘れて、ストレスを解消しましょう。
4. たばこをやめる
たばこは、すべての病気の大きなリスク要因。お酒の飲み過ぎもやめましょう。
5. 日ごろのチェックと定期の検診を
体重、臍(へそ)周囲径、血圧などはこまめにチェック。病気の早期発見のためにも、1年に1度は健康診断や人間ドックを受けましょう。

ページトップへ