bg
dial

PARTNERS

PARTNER 1

PARTNER 01

シナプス・神経機能再生に基づく創薬・医学研究プロジェクト

(SKプロジェクト、京都大学)

  • 教授・木下彩栄

  • 特定准教授・平野恭敬

  • 特定准教授・今吉格

  • 特定准教授・奥野浩行

平成25年にスタートしたシオノギ―京都大学共同研究プロジェクト(SKプロジェクト)は木下彩栄教授の統括のもと、5つの異なる専門グループが連携を取りながら新たな認知症治療薬の開発に取り組んでいます。本プロジェクトへの参画は、これまで大学内ではなかなか窺い知ることができなかった、製薬企業の創薬に対する考え方やプロジェクトの進め方などを知る貴重な機会になりました。プロジェクト開始当初はアカデミア-企業間の文化の違いに戸惑う場合もありましたが、大学研究者と企業研究者が一つ屋根の下で研究を続けるうちに相互の理解が進み、今では双方の専門性が有機的に融合し、研究推進に非常に効率的に機能しています。
アカデミア研究者としては今後、このような形のアカデミア-企業間の連携が一般化し、先端基礎研究から創薬による社会還元のパイプライン、さらに望むらくは双方の研究者が流動性高く行き来できるような環境に熟成されていくことが理想と考えます。先陣であるSKプロジェクトがそのモデルケースとなる成果をあげることができるように我々は全力を尽くします!

PARTNER 2

PARTNER 02

PDPS(Peptide Discovery Platform System)による
特殊環状ペプチドの創製

(ペプチドリーム株式会社)

  • 取締役 舛屋圭一

塩野義製薬株式会社とペプチドリーム株式会社との間で、複数の創薬標的タンパク質に対する特殊環状ペプチドを創製する共同研究開発が平成28年2月にスタートしました。弊社ではプロジェクトをスタートさせる際、事前に必ずどのような形でターゲットタンパク質を供給していただくか、また弊社で行うPDPSを用いたスクリーニング後のフローチャート・研究計画等を綿密に打ち合わせいたします。シオノギ製薬の研究統括・研究者の方々との打ち合わせは極めて生産的且つ友好的なもので、特に感銘を受けたのは疾患に関する広範な理解、各プロジェクトに関する綿密な研究計画、極めてロジカルな研究推進体制、さらには研究者1人1人の方のプロジェクトに対する熱意ひいてはunmet medical needsを満たそうとする強い信念であります。事実、契約締結後速やかにプロジェクトは立ち上がり、しかも短期間で成果を生み出しつつあります。弊社の研究者にとってシオノギ製薬の優秀な研究者の方々との共同研究は大いに刺激になり、私たちを成長させていただけるものと考えています。

PARTNER 3

PARTNER 03 PARTNER 03

The Milner Therapeutics Consortium

  • Tony Kouzarides

  • Kathryn Chapman

Milner Therapeutics Consortium(MTC)は英国ケンブリッジ大学が中心となり2015年に創設された、創薬研究に特化したコンソーシアムです。医学生物学研究で世界をリードするアカデミア(ケンブリッジ大、ベイブラハム研究所、ウェルカム・トラスト・サンガー研究所)と製薬企業(シオノギ製薬、アステックス社、アストラゼネカ社、グラクソ・スミスクライン社)とが、それぞれの高度な専門知識とユニークな研究リソースを融合させた共同研究を推進し、より良い医薬品をより早く創製することを目的としています。当社は英国外に本拠をおく唯一のコンソーシアムメンバーです。MTCでは個別の共同研究推進に加え、創薬技術の革新と向上をpre-competitive に推進する施策の立案・実行にも積極的に取り組んでいます。その一環として、アカデミア研究者の先進的発想に基づく創薬技術研究をMTCが企画・支援するシステム “Grand Challenge”を計画しています。

"We are very pleased that Shionogi is a member of the Milner Therapeutics Consortium and will use the Consortium to collaborate with scientists in Cambridge, UK. We are building the foundations for a world-leading hub in Cambridge around the Milner Therapeutics Institute and Shionogi are an important partner, demonstrating that the Consortium is working on a truly global scale.”

Professor Tony Kouzarides, Director, The Milner Therapeutics Consortium