採用情報

  1. TOP > 
  2. 採用情報  > 
  3. 新卒採用  > 
  4. MR職  > 
  5. 先輩社員の声  > 
  6. 中川 典夫

MR職

MRの一日

開業医担当の中川MRの一日をご紹介します。

人物写真

開業医担当

中川 典夫の一日
(Norio Nakagawa)

2007年入社 文学部卒

薬の知識や営業の技術ともに優れ、ドクターや薬剤師、
社内関係者から信頼されるMRになりたいです。

仕事のやりがいを感じるときは?

通常のMR活動や製品の説明会などを実施した後、製品の採用実績が上がると、自分の伝えた情報がドクターにとって有益だったと確認でき、うれしさを感じます。製品の処方が増えると、それだけ多くの患者さまのお役に立つことができるわけですからね。

職場の雰囲気は?

所属する江坂分室は、全国的に在籍人数が多い職場です。若手MRが多くて、活気があるのが特徴です。また、ベテランのMRも数多く在籍していることから、活動で困ったときにはさまざまな助言を得ることができます。

将来の抱負は?

5年後に、全国一の経験数を持ったMRになることが目標です。薬の知識や営業の技術ともに優れ、ドクターや薬剤師、社内関係者から信頼されるMRになりたいです。さらに10年後には、豊富な経験を活かし、後輩へ適切な指導を行いたいと思います。

8:00 医薬品卸会社に直行

卸会社のMS※(営業担当)と情報を交換。

8:00 医薬品卸会社に直行

製品の出荷状況を確認し、担当地域でどの薬がどの程度、処方されているかを知っておくことは重要だ。冬であればインフルエンザ、春は花粉症など、季節によって発生頻度の高い病気は異なり、当然、処方される薬の品目も異なる。入手した情報をもとにして、先々のMR活動の方針を組み立てていく。
※ Marketing Specialist

11:30~ MR活動

開業医のドクターを中心に訪問。

11:30~ MR活動

移動は主に自動車。移動距離が長いだけに、安全運転には特に気をつけている。一日の前半だけで、多いときには5か所ほど訪問する。提供する情報は、季節の症例に応じて内容に工夫を凝らし、診療に役立つことを第一に考えている。

14:00~ 昼食

15:30~ MR活動

主に地域の中核病院のドクターを訪問。

15:30~ MR活動

外来診療の終わったドクターが医局に戻ってくるため、そのタイミングにあわせて面談を行う。通常は訪問計画による医薬品情報の提供だが、ときには個々の症例について相談を受けることもある。中でも抗生剤や疼痛剤の処方は至急を要するケースがあり、MRとしても必要な情報を素早く提供しなければならない。

19:00 帰社

分室で日報を提出し、翌日の予定確認と準備を行う。

19:00 帰社

月に一回、上司との面談(DO面接)があり、この場で今後の訪問計画や検討課題を相談することができる。経験豊富な上司のアドバイスは、具体的で役立つことが多い。また、どんなことでも気軽に相談できるところが魅力だ。充実した教育研修制度とともに、文系出身でも安心してMRの仕事に打ち込むことができるシオノギの特徴だ。v

21:00 帰宅

オフタイム

オフタイム

平日は仕事にベストを尽くす一方、休日などのオフタイムも大切にしている。小学生のころからバスケットボールを続けてきたことから、今でも仲間内でプレーを楽しんでいる。また、社員同士が集まってバーベキューを楽しむこともある。

ページトップへ