採用情報

ファーマコビジランス職(PV職)・薬事職

先輩社員の声

人物写真

亀井 隆奈
(Takana Kamei)

2016年入社 薬学部 薬学科 病態生化学専攻卒 薬事部

薬事のプロとして開発から承認までの最短ルートを
構築・提案し患者さまにいち早く薬を届けたい

業務内容とやりがいは?

主な業務内容は、開発関連文書や承認申請資料の作成です。具体的には、メディカルライターとして、治験の実施計画書や治験の結果をまとめた総括報告書、当局に提出する申請資料などの作成に携わっています。
やりがいは、臨床開発をはじめ各部署の方々により集積された開発品の情報を、自分たちの手で最終成果物=文書にできることです。当局などとの開発品の情報のやりとりは、私たちが作成した文書ベースで行われ、文書の出来が開発の進捗に大きく影響します。そのため、日々大きなやりがいと責任を感じています。

実際に、入社してみて率直な感想は?

グローバル展開に力を入れており、変化を敏感にキャッチして対応する柔軟性と、チャレンジ精神が求められていることを再認識しました。シオノギは海外にも開発拠点を設け、グローバル企業へと成長している最中です。国ごとに薬事規制が異なるため苦慮することもありますが、自分の成長がシオノギの次のステージへの成長に繋がるため、非常にワクワクしていますし、身が引き締まる思いです。また、薬事職に対するイメージにも変化がありました。シオノギでは文書作成にあたり、薬事担当者が舵取り役として様々な部門の方と検討を重ねます。こうした薬事の司令塔的な役割を知り、ますます薬事の面白さや奥深さを感じています。

職場の環境や雰囲気は?

職場イメージ

温かい方が多く、疑問などに対してとても親身になって答えていただける環境であると感じます。日々の業務で発生した共有すべき案件に関しては、担当プロジェクトを超えて薬事部内で共有する機会もあり、非常に風通しが良いです。さらに、シオノギの基本方針である「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」を一人ひとりが意識し、その実現のためにどのようなアクションを取るべきか、自ら考えて即座に行動に移すことのできる、視野が広く積極性に溢れた人が多いとも感じています。

日常の失敗や悩みはどのように解決している?

失敗した場合、自分で解決策を考えるとともに、周りの先輩方にも相談します。その際は、どこが問題かを明確に、そして端的に伝えるよう心掛けています。また、解決策を講じたら終わりにするのではなく、何が原因か、今後繰り返さないためにどのような行動をとればよいかを自分なりに検討するようにしています。
さらに、悩みや不安なことがある場合は上司や同期など、まわりに相談しています。上司とは定期的に面談の機会があり、非常に相談しやすい環境が整っています。

今後、チャレンジしていきたいこと、将来の夢は?

将来は、薬事のプロとして開発から承認までの最短ルートを構築、提案できる存在になりたいと考えます。そのために、読み手である医療機関の方や当局の担当者に開発品の特徴やこちらの意図が正しく伝わる文書の書き手を目指します。また、臨床開発や解析などの他部署にも意識を向け、チーム全体として最も効率的にするにはどうすべきかを考え、行動する力を身につけます。これらの実現の為には、薬事の知識のみならず、開発や解析に関する知識のストックが必要であると感じています。
さらに、良い意味で「懐疑心を持つ」、すなわち現状に満足するのでなく、常に新鮮な気持ちで物事を見つめ、とるべき最善の行動は何かを考え続ける人でありたいです。

就職活動されている方へのメッセージを!

就職活動は、自身を真剣に分析する好機です。また、多くの企業や人に出会い刺激や学びが得られることは、就職活動生の特権でもあります。まずは特権を活かし、自分の特性や価値観に合う業界や職種は何か、探してみてください。その為には、自らの足で情報を得に行くことが有用であると思います。私自身、実際に企業の方と会うことで、ホームページやパンフレットでは得られなかった気付きを得たことが何度もありました。また、就職活動中は、苦しいこと、思うようにいかないこともあると思いますが、その経験は今後の自分の糧になると思います。皆さんが納得のいく結果が得られるよう、心から祈念しています。そして、シオノギファミリーの一員になった際には、是非一緒に頑張っていきましょう!

ページトップへ