採用情報

ファーマコビジランス職(PV職)・薬事職

先輩社員の声

人物写真

佐々木 律枝
(Ritsue Sasaki)

2016年入社 薬学部 薬学科 生体機能分子動態学専攻卒 安全管理部

薬の副作用で苦しむ患者さまを減らすために何ができるか
一緒に考えていきませんか?

業務内容とやりがいは?

私は主に、向精神薬と特発性肺線維症に使われるピレスパ錠の安全対策業務を行っています。ピレスパ錠が台湾でも承認を取得したことに伴い、現地子会社と協力しながら台湾当局へ提出する資料作成に携わりました。また、市販後に行うべき安全対策の計画立案(市販後の安全性を確認するためにどのような調査を実施するか)にも積極的に携わっています。このように、入社1年目でも周囲の方々とのコミュニケーションをしっかりとることで、医薬品の安全対策という重要な業務の一端を担うことができています。

実際に、入社してみて率直な感想は?

薬学の知識を持っているだけで満足していると成長できない、と感じました。製薬会社といっても、薬学部以外の出身の方はたくさんいます。また、開発、薬事、販売など、日々業務を進めるにあたって様々な部門との連携が必要になってきます。こういったことから、医薬品の知識のみでなく、統計解析や関連法規、製薬業界の動向等を幅広く勉強することで、業務の幅もグンと広がるのではないか、と感じています。

職場の環境や雰囲気は?

職場イメージ

若手に対する教育は充実していると思います。On the Job Trainingで実業務を経験する研修プログラムを受講することにより、部内業務の全体像をよりしっかりと把握できました。また、その研修は、自分が最も興味のある業務は何なのかについて考えるきっかけにもなりました。興味のある業務や将来やりたい業務に関して、自分の思いや意見を上司に伝える面談の機会も頻繁に設けられていることも当部の良い点だと感じています。

日常の失敗や悩みはどのように解決している?

日々の業務において、分からないことの方が圧倒的に多いです。自分で考えてもわからない時は迷わず、上司や先輩方に相談します。また、部内にいる同期も非常に大きな存在です。上司や先輩方から教えていただいていても、自分ひとりで行うとできないことがあります。そういう時には似た経験や思いを持っている同期からアドバイスをもらったり、悩みや失敗の経験をシェアして、自分ひとりの中に溜めないようにしています。

今後、チャレンジしていきたいこと、将来の夢は?

海外の子会社・提携会社と協力してスムーズに安全対策業務を行える人材になることです。
今後ますます、そのような海外の会社と連携して業務を遂行する機会が増えてくると思います。海外ではその国独自の規制があったり、安全対策業務に対する考え方が異なったりと困難も多いですが、ともに業務を進めるうえで相手の良いところは積極的に取り入れ、シオノギの良いところは反映してもらえるようにコミュニケーションを取ることのできる人材になりたいです。

就職活動されている方へのメッセージを!

私は学生時代、将来は薬剤師になろうと考えていました。患者さんの声を直接聞くことができ、薬の効果やリスクについて伝えることで、患者さんを守ることができるからです。しかし、製薬会社にも、安全対策業務という副作用から患者さんを守ることができる業務があると知り、この仕事に興味を持ちました。入社した今改めて思うことは、シオノギに入社していなければ知らなかったことはたくさんある、ということです。就活は「縁」の力も大きいと思います。少しでも多くの皆様がシオノギとご縁がありますことを願っています。

ページトップへ