採用情報

ファーマコビジランス職(PV職)・薬事職

先輩社員の声

人物写真

角 真智子
(Machiko Sumi)

2003年入社 理工学部 理工学研究科 基礎理工学専攻卒 薬事部

各国の規制を遵守し国際調和も考えながら
世界の患者さまに薬を届けたい

業務内容とやりがいは?

開発品目の製造販売承認取得に向けて、各国の規制当局(日本では厚生労働省及び医薬品医療機器総合機構)への対応が主な業務です。具体的には、国内外の最新の薬事規制および行政動向を把握した上で、開発段階から製造販売後に想定される課題の解決方法を提案し、海外メンバーも含めた関係者と協議した上で、課題解決に向けた規制当局への折衝をシオノギの窓口として行っています。早期承認取得に向けて、前例に縛られずに科学的根拠を元にした提案が、各国の規制当局に受け入れられたときや、規制当局からの問い合わせに適切に対応して、開発品目が医薬品として承認されたときに、やりがいを感じます。

実際に、入社してみて率直な感想は?

最初は開発職として入社したのですが、「人を育てよう」という組織文化があり、職場の先輩だけでなく、色々な職種、部署の方々からご指導頂く機会に恵まれました。また、社内にとどまらず、医薬品業界活動として、医薬品開発のためのより良い環境を整えるために、競合他社や規制当局の方々と協力して政策を考える機会も多く、大変勉強になりました。現在の業務である規制当局対応は、研究開発から製造販売後まで多岐に渡りますが、そのようにして新人時代から培ってきた社内外の方々との関係に助けられています。

職場の環境や雰囲気は?

職場イメージ

会社全体の雰囲気として、気さくな方が多く、親身になって色々な話をしてくださいます。その中でも、薬事部はその業務内容が多岐に渡っていることから、研究、開発、営業など、各部署で経験を積まれてから配属される方が多く、色々な立場からの意見を即座に聞くことができる部だと思っています。また、私は東京オフィスに在籍していますが、大阪や海外のメンバーとは電話会議システムなどを使って日々交流できますし、東京の地の利を活かして、講演や業界活動などに参加する機会にも恵まれています。

日常の失敗や悩みはどのように解決している?

事例を隠さずに共有し、自分なりに考えた対応策について意見をもらうようにしています。そうすると、同様の事例を経験した方がいらっしゃったり、自分では思いつかない対応策を提案頂いたりと、自分一人で悩んで考えるよりも、良い対応策を講じることができます。とは言え、課題が複雑になるにつれ、対応策も一長一短で、なかなか決定できないときも正直あります。そのときは何が患者さんのために一番いいのだろうと考えるように心がけています。

今後、チャレンジしていきたいこと、将来の夢は?

薬事担当者としてアメリカにあるShionogi Inc.で、規制当局のFDA(Food and Drug Administration)と折衝する経験を積ませて頂きましたが、きちんとした根拠をもって意見を述べれば、国に関係なく受け入れられることを身をもって体験することができました。その一方で、まだまだ各国独自の見解があることも改めて感じましたが、その各国独自の考えも、悪いものばかりではなく、その考えを世界共通の考えとして欲しいと思うことも多々ありました。国際調和も考えながら、きちんと自らの考えを発信していき、世界の患者さんに薬を届けていければと思っています。

就職活動されている方へのメッセージを!

情報があふれており、それを確認するだけでも大変だと思いますが、せっかくの機会なので、色々な方々と実際に話をすることをおすすめします。私自身も工学科出身で、就職活動前は研究職に就こうかなと漠然と思っていましたが、先輩方の生の声を聞いたことで、研究職以外にも興味が沸き、今に至っています。また、同じ業種でも、会社によって考えや雰囲気が違うと思いますので、積極的にオープンセミナーなどの機会を使って、ぜひ、自分にあった職場を見つけて下さい!

ページトップへ