採用情報

研究職(創薬研究)

先輩社員の声

人物写真

垣 里奈
(Rina Kaki)

2012年入社 工学研究科 材料化学専攻卒 創薬化学研究所

治療薬のない感染症に対する薬を世に出すことが私の夢です。
そのために目の前にある課題に貪欲に取り組んでいきたい。

業務内容とやりがいは?

感染症領域における創薬研究を行っています。具体的には、薬のタネとなる化合物は薬としてはまだまだ未熟なので、より薬らしい化合物に変えるべく、化合物のデザイン・合成を行っています。合成した化合物は複数の項目で評価され、その結果を分析して次のデザインに活かします。
薬として有望な化合物を合成・見出すときは患者さまを救うことにつながる一歩なので、大きなやりがいを感じます。また、合成した化合物のプロファイルが自分の仮説通りになるのは研究者としてうれしい瞬間です。でも、仮説と違った挙動を示す化合物が現れたときは、「なんでかな?」と考えるのも、楽しい時間です。

実際に、入社してみて率直な感想は?

『自分の意見を聞いてもらえる!!?』
私は工学出身で薬学の知識は入社してから先輩方に教わってきたのですが…入社時、創薬初心者の私の意見にもきちんと耳を傾けてもらえるので、未熟ながらも私という個人の意志や考えを認めてもらえていることがうれしかったです。

職場の環境や雰囲気は?

職場イメージ

職場は創薬が好きな方の集まりだと感じています。フランクに研究の話ができ、気軽にいつでも研究のディスカッションができる雰囲気です。もちろん、データの共有等のために会議もありますが、興味深い点や疑問点はタイムリーに他の研究者の方に聞くことができます。かといって、四六時中仕事のことしか話さないわけでもなく、休憩時間はしっかり休憩しています。
仕事である以上、決められた時間内に一定の成果は求められます。それは前提条件なので、学生のときと比べると非常にメリハリのある環境です。

日常の失敗や悩みはどのように解決している?

「失敗はしてもいいけど繰り返さない」という入社時の先輩の言葉を大事にしています。失敗したときは、上司や先輩にフォローしてもらいますが、次に同じことが起こらないように自分で原因と対策を考えるべきだな、と思っています。
でも、自分で手に負えないときは先輩や同期に相談します。仕事からプライベートな内容まで、親身になっていつでも一緒に考えてくれます。話しを聞いてもらうだけでも心が軽くなります。
また、週末に思いっきり趣味に没頭して気分転換を図ることで、自然と悩みが解消されることもあります。

今後、チャレンジしていきたいこと、将来の夢は?

治療薬のない感染症に対する薬を世に出すことが私の夢です。
日本では感染症に対する恐怖はあまり感じないかもしれませんが、世界では治療薬のない感染症で苦しんでる方がたくさんいるのが現状です。感染症に恐れることなく、患者さまが笑顔で将来の夢を語れる日が来る、そのお手伝いを自分が携わった化合物=薬でできたらハッピーです。
そのためには、合成以外にも、たくさん学ばなければならないことがあると感じています。目の前にある課題に貪欲に取り組んでいきたいです。

就職活動されている方へのメッセージを!

就職活動は自分自身のことをじっくり考える機会になると思います。
強さも弱さもひっくるめて自分です。自分をさらけ出すのは自己分析のときも、ましてや面接の際はとても勇気がいりますが、素敵な将来への一歩になるのではないでしょうか?
研究の傍らの就職活動は大変だと思いますが、今が踏ん張り時かもしれません。就職活動がみなさんの為になる充実した時間になることをお祈りしています。

ページトップへ