Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

家族ができること家族ができること

トップがんのつらさとは家族ができること

家族ができること

家族ができること

家族ががんと診断されたら

ご家族ががんと診断されたら、患者さん本人はもちろん、ご家族もつらい気持ちになるでしょう。どのような治療ができるのか、どれくらい入院するのか、痛みはでるのか、薬の副作用は…
考えはじめたらきりがないくらい、長い時間心配する方もいるかもしれません。

患者さんへの接しかた

  • がんと診断されてショックを受けている患者さんに、どう接すればよいかわからなくなることもあると思います。
  • しかし、患者さんのことを常に心配して暗い表情をしていては、患者さんもご家族も疲れてしまいます。出来る範囲で一緒に過ごす時間をつくり、患者さんがリラックスできる環境を作るように心がけることが大切です。無理をしては、患者さんもご家族も疲れてしまうので、お互い頑張りすぎないようにするとよいでしょう。
  • 患者さんは、つらい症状や治療でふさぎこんだり、普段以上にわがままになったり、ひどい場合はうつ状態になることもあるかもしれません。ご家族も長い時間患者さんを支えることに少し疲れてしまうときもあるでしょう。そんなときは、治療を少しだけお休みし、好きなことに時間を費やすのもよいかもしれません。患者さんも、ご家族も、気持ちがつらくなってしまったときは、医療者につたえましょう。一緒に対処方法を考えてくれるはずです。

治療について考える

  • がんは様々な治療法があります。患者さんと一緒に医師の話を聞き、病状を知り、必要であれば患者さんもご家族も納得できるよう、がんの情報を集めるとよいでしょう。治療について気になることや心配なことがある場合は、遠慮せず医療者に相談し、つらい症状がある場合は、つらいとつたえることが治療の第一歩です。つたえなければ、医療者は対処することができません。患者さんがつたえるのをためらっていたら、ご家族の方がつたえてもよいでしょう。
  • また、患者さんが大切にしたいことで、治療方法が変わってくることもあるかもしれません。治療に専念するのか、仕事と治療を両立したいのか、など患者さんの思いを聞いてみましょう。患者さんの思いが叶うように一緒に考えることも大切です。
  • 入院になると費用が心配になる方もいると思います。その場合は、医療ソーシャルワーカーに相談することもできます。また、治療費については、公的機関の制度を利用することもできるので調べてみるとよいでしょう。ご家族のサポートで、患者さんは安心して治療に専念することができます。