Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

がん患者さんが経験する心の状態の代表的なものが、「不安」です。これはある程度は通常の反応です。それがあったからといって、直ちに治療が必要というわけではありません。しかし、日常生活に支障が出るほど強ければ、何か対策を考えることが必要となります。突然胸が苦しくなる、息苦しくなる、吐き気がする、めまいや動悸におそわれるといった体の発作的な変調が、不安の症状として起こることがあります。

つたわると

原因や負担になっているのが何かを相談しながら進めていきます。休めない場合や食事がとれず、身体的につらい場合には、必要であれば薬も処方されます。気分も落ち着いてくると治療に前向きになることができる場合が多いです。

つたえ方(例)

がんと診断されてから心配事が頭から離れません。考えたくないのに嫌なことを考えてしまいます。すぐに怒ったり、イライラしています。そわそわして気持ちが落ち着きません。

つたえてほしいこと

  • ・いつごろから感じているか(がんと診断されたとき、治療が始まったとき など)
  • ・どのようなときに感じるか(治療の方針を聞いたとき、将来のことを考えたとき、夜になると など)
  • ・どのように困っているか(夜も眠れない、何事も手につかない など)

担当医や担当の看護師が患者さんご自身の心や精神面に関連する問題についてお話をお伺いします。また精神科や心療内科の医師、心理職、心の問題を専門にする看護師、医療ソーシャルワーカーなどが、窓口になることもあります。信頼できる人や、担当医、看護師、相談支援センターの相談員などの医療者に気持ちを打ち明けることもつらさの軽減に役立ちます。治療のことで悩んでいる人は、病気について正しく信頼できる情報を得たり、同じ悩みを抱えた人と話すことで気持ちが和らぎ、病気とたたかう気力が出てくる場合もあります。

その他の症状

【監修】
日本医科大学武蔵小杉病院
腫瘍内科教授
勝俣範之 先生
【監修】
国立研究開発法人
国立がん研究センター東病院
精神腫瘍科長
小川朝生 先生