Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

Q1がんになると必ず痛みがあるのでしょうか?

  • がん病変の治療を受けている患者さんの3分の1の人に痛みがでるといわれています。
    痛みのある患者さんは、痛みの治療とがん病変の治療とを並行して受けることが必要になります。
    進行がんの患者さんでは、その3分の2以上に痛みが起こり、痛み及び痛み以外の諸症状のマネジメントが医療の主目標となるといわれています。
  • ※参考資料 がんの痛みからの解放-WHO方式がん疼痛治療法-(1996年第2版/金原出版)