Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

Q3がんの痛みを我慢していると何か問題はあるでしょうか?

  • 痛みの診断や治療がうまくいかない場合、その原因のひとつに、患者さんが医師や看護師、薬剤師に痛みをつたえていないということがあります。多くの場合、痛みに関する最良の情報源は患者さん
    ご自身です。痛みがあること、その痛みがどれくらい強いのか、どこが痛むのか、痛み止めの薬が効いているのかといった痛みに関することは、本人以外では正確に知ることができません。医師や看護師、薬剤師は、あなたがつたえてくれた痛みの情報をもとに痛みの原因を明らかにしていきます。「つたえなくても医師や看護師は自分の痛みをわかっている」「いい患者と思われるためには痛みを我慢する方がよい」「痛みを訴えるとわがままな患者と思われる」などと考え痛みをつたえるのをためらわず、ご自身が感じている痛みをあなた自身の言葉で医師や看護師、薬剤師、ご家族につたえてください。
  • ※参考資料 患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド (2014年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編)