Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

Q10緩和ケアとはどのようなことをするのでしょうか?

  • 「がん対策推進基本計画(平成24年6月閣議決定)」において、緩和ケアについては、「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」が重点的に取り組むべき課題として位置付けられています。がん患者さんとそのご家族が、可能な限り質の高い治療・療養生活を送れるように、身体的症状の緩和や精神心理的な問題などへの援助が、終末期だけでなく、がんと診断された時からがん治療と同時に行われることが求められています。緩和ケアとは、生命を脅かす疾患に伴う痛みをはじめとする身体のつらさ、気持ちのつらさ、生きている意味や価値についての疑問、療養場所や医療費のことなど、患者さんやご家族が直面するさまざまな問題に対し援助する医療のことです。また緩和ケアは、病気の時期や治療の場所を問わず、いつでもどこでも提供される必要があります。従来、緩和ケアは「看取りの医療」ととらわれがちでした。しかし、2002年のWHOの定義では「身体や心のつらさ」に焦点があてられています。これにより、がんが進行した患者さんだけでなく、がんと診断された患者さんが可能な限り快適に過ごすために、がんの痛みをはじめ、さまざまな症状をやわらげる緩和医療が早期から行われることが重要であると考えられてきています。
  • ※参考資料 厚生労働省ホームページ がん対策情報 緩和ケアページより引用
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/gan/gan_kanwa.html
    がん緩和ケアガイドブック 2010年版(青海社/日本医師会監修)より引用