STOP!がんのつらさ?“がん”大国日本は、“がんのつらさ”大国でもある??STOP!がんのつらさ?“がん”大国日本は、“がんのつらさ”大国でもある??

其の 一「がんのつらさ」とは

がんは、患者さん本人にとっても、ご家族にとっても、それまでの生活を一変してしまう大きなできごとです。患者さんは、病気による痛みや不快さなど、身体的なつらさだけでなく、精神的なつらさや、社会的な立場でのつらさなど、さまざまな「つらさ」を抱えながら、つらいがん闘病生活を送っておられます。
がん患者さんの 抱えるさまざまな 「つらさ」
がん患者の84%は闘病・治療中に1週間以上の痛みを経験。

がんは、患者さん本人にとっても、ご家族にとっても、それまでの生活を一変してしまう大きなできごとです。患者さんは、病気による痛みや不快さなど、身体的なつらさだけでなく、精神的なつらさや、社会的な立場でのつらさなど、さまざまな「つらさ」を抱えながら、つらいがん闘病生活を送っておられます。
がん患者さんの 抱えるさまざまな 「つらさ」
がん患者さんの多くが経験する「痛み」。早期がん患者さんの痛み自覚、20~50%

「がんのつらさ」の詳細はこちら→がんのつらさ ~つらさ聴いてつたえて~

其の二 つらさを伝える

日本人の多くのがん患者は、自身のつらさや痛みを我慢し、家族や知人、お医者さん、看護師さんなどに伝えることなく、「がんの痛みは当然」と考え、孤独にがんと闘っています。
Q1基本的にがんの痛みは がまんするものと思いますか? Q2あまり痛みを訴えると、そのことが がんの治療の妨げになるのでは… と心配に思いますか?

いま、がんの痛み治療が進んでいます。だから、痛いときには遠慮なく、医師・看護師・薬剤師・そして身のまわりの方に「痛い」と伝えてください。
がんの痛みは、がまんしないで、 消えるまで伝えていいんでござる。

日本人の多くのがん患者は、自身のつらさや痛みを我慢し、家族や知人、お医者さん、看護師さんなどに伝えることなく、「がんの痛みは当然」と考え、孤独にがんと闘っています。
Q1基本的にがんの痛みは がまんするものと思いますか?
Q2あまり痛みを訴えると、そのことが がんの治療の妨げになるのでは… と心配に思いますか?

いま、がんの痛み治療が進んでいます。だから、痛いときには遠慮なく、医師・看護師・薬剤師・そして身のまわりの方に「痛い」と伝えてください。

がんの痛みは、がまんしないで、 消えるまで伝えていいんでござる。

「がんのつらさを伝える」の詳細はこちら→「がんのつらさを伝える」の詳細はこちら→がんのつらさ ~つらさ聴いてつたえて~

其の三がんの痛みをとる治療

1986年に発表された「WHO方式がん疼痛治療法」は、「がんの痛み治療」として世界中で実践されていて、多くのがん患者さんを激痛から解放することに貢献しています。この治療法が提唱される以前の考え方は、がんそのものの治療が効果を上げなくなった末期に「痛みの治療」を行うというものでしたが(図1)、WHOは、がんと診断されたそのときから、がんそのものの治療と並行して必要に応じた痛みの治療を行うよう提唱しています(図2)。
過去の考え方(図1)
現在の考え方(図2)

がんの痛みから解放されると、がん治療中でも、旅行や外出など今までどおりの生活を送ることができます。
大切なのは、痛みを忘れて 安心して過ごせることでござる。

1986年に発表された「WHO方式がん疼痛治療法」は、「がんの痛み治療」として世界中で実践されていて、多くのがん患者さんを激痛から解放することに貢献しています。この治療法が提唱される以前の考え方は、がんそのものの治療が効果を上げなくなった末期に「痛みの治療」を行うというものでしたが(図1)、WHOは、がんと診断されたそのときから、がんそのものの治療と並行して必要に応じた痛みの治療を行うよう提唱しています(図2)。
過去の考え方(図1)
現在の考え方(図2)

がんの痛みから解放されると、がん治療中でも、旅行や外出など今までどおりの生活を送ることができます。

大切なのは、痛みを忘れて 安心して過ごせることでござる。

「がんのつらさを伝える」の詳細はこちら→「がんのつらさを伝える」の詳細はこちら→がんのつらさ ~つらさ聴いてつたえて~

其の四がんは治る時代に

がんは確かに怖い病気です。しかし、全がんの5年相対生存率は64.3%と公表されており、いま、がんは治る時代といわれています。にもかかわらず、現在でもがんが怖い病気と思われている理由の一つが、一日中続く激しい痛みです。しかし、日本では“がんそのものに対する治療”に比べ、“がんの痛みに対する治療”はそれほど注目されていませんでした。
がんの5年相対生存率
長期にわたりがん治療を行うためには、がんによるつらさや痛みを軽減し、前向きに「がんそのものの治療」に取組むことが重要でござる。

がんは確かに怖い病気です。しかし、全がんの5年相対生存率は64.3%と公表されており、いま、がんは治る時代といわれています。にもかかわらず、現在でもがんが怖い病気と思われている理由の一つが、一日中続く激しい痛みです。しかし、日本では“がんそのものに対する治療”に比べ、“がんの痛みに対する治療”はそれほど注目されていませんでした。
がんの5年相対生存率

長期にわたりがん治療を行うためには、がんによるつらさや痛みを軽減し、前向きに「がんそのものの治療」に取組むことが重要でござる。

海外クリエイターからの 映像作品 ~つらいときは、つらいと伝えていいんだよ~海外クリエイターからの 映像作品 ~つらいときは、つらいと伝えていいんだよ~

世界最大のクリエイティブ・クラウドソーシング eYeka 「がんになった時から、そのつらさを周囲に伝える大切さ」グローバル映像制作コンテスト 受賞作品掲載中

TOP