Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

がんの痛みに使用される医療用麻薬 -オピオイド鎮痛薬-がんの痛みに使用される医療用麻薬 -オピオイド鎮痛薬-

トップがんの痛みをとる治療がんの痛みに使用される医療用麻薬 -オピオイド鎮痛薬-

がんの痛みに使用される医療用麻薬 -オピオイド鎮痛薬-

がんの痛みに使用される医療用麻薬 -オピオイド鎮痛薬-

オピオイド鎮痛薬とは

  • 非オピオイド鎮痛薬が効かない場合、オピオイド鎮痛薬が使われます。オピオイド鎮痛薬とは、神経系の司令塔の部分である脳や脊髄に作用して痛みを抑える薬の総称です。
    医療用麻薬とも呼ばれ、法律で医療用に使用が許可されている麻薬です。痛みの治療を目的に適切に使用することが重要です。
  • 適切な処方量は、患者さん一人ひとり異なりますので、痛みの程度をみながら調節します。日本では、トラマドール、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、タペンタドール、メサドンなどが使われていますが、それぞれ性質や使用法が異なりますので、医師と相談して自分に合った薬を選ぶことが大切です。
    また、非オピオイド鎮痛薬や鎮痛補助薬と併用することもできます。
  • 医療用麻薬の副作用には、消化器系の副作用として、悪心・嘔吐、便秘があります。またその他の副作用として、眠気、せん妄・幻覚、呼吸抑制、口内乾燥、掻痒感、排尿障害、ミオクローヌス、痛覚過敏、心血管系の副作用などがあります。それぞれの副作用に対して適切な対処がなされます。

「医療用麻薬」と不正麻薬との違い

「麻薬」といえば、覚せい剤や大麻などのような、闇で取引されている怖い薬物と誤解されていることがありますが、「医療用麻薬」と「不正麻薬・覚せい剤など」の違いを知ることが重要です。

「医療用麻薬」と不正麻薬との違い「医療用麻薬」と不正麻薬との違い

医療用といっても麻薬を使えば麻薬中毒になるのではありませんか?

麻薬中毒または精神依存とは、自分で制御できずに薬を使用してしまったり、痛みがないにもかかわらず薬を使わずにいられないようになることが特徴です。これまでの研究で、医療用麻薬が医師のもとでがん患者さんに対し、痛みの治療を目的に適切に使用された場合、これらの依存症状が生じることはほとんどないと報告されています。

※がんの痛み治療ガイドP.28 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会

痛みのない人にモルヒネを投与したときの脳内のメカニズムを解説します。

痛みのない人にモルヒネを投与したときの脳内のメカニズムを解説します。

痛みがなく、モルヒネを投与されていない人の脳内では、ドパミンの放出は抑えられています。モルヒネが投与されることにより、ドパミンが大量に放出され、快感状態になります。そして、これが長く続くと中毒状態になってしまいます。

痛みのある人にモルヒネを投与したときの脳内のメカニズムを解説します。

痛みのある人にモルヒネを投与したときの脳内のメカニズムを解説します。

  • 痛みがあり、モルヒネを投与されていない人の脳内でも、ドパミンの放出は抑えられています。痛みがあるときは、モルヒネが投与されてもドパミンの放出が抑えられます。そのため、快感・中毒状態にはなりません。
  • ※ 医療用麻薬は、痛みのない人に使用してはいけません。他の人に譲ってはいけません。痛みのない人が使用すると中毒になり、健康を害することがあります。医師の処方に基づかない使用は、法律違反になります。

医療用麻薬の副作用とその対策

医療用麻薬の主な副作用は「便秘」・「吐き気」です。それぞれの症状にあわせたお薬が使用されます。ときに眠気が出ることがありますが、服用を続けるうちに治まってくる場合もあります。

  • 便秘

    便秘は、定期的に痛み止め(医療用麻薬)を使用している約80%の患者さんが経験されますが、下剤を使って上手に付き合っていくことは十分可能です。※参考資料 患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド P80 (2014年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編

    下剤(緩下剤)が使用されます。また水分や食物繊維を十分に摂取する、運動をする(できる範囲で体を動かす)、腹部のマッサージをするなど対処します。【下剤の種類には以下のようなものがあります】
    1)蠕動刺激薬
    2)軟便薬
    3)オピオイド拮抗薬

  • 吐き気

    吐き気は必ず出るわけではありませんし、痛み止めに体が慣れてくると1~2週間程度で自然に症状がなくなることもあります。※参考資料 患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド P81 (2014年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編)

    吐き気止め(制吐剤)のプロクロルペラジンやドンペリドンなどが使用されます。

  • 眠気

    長い間痛みに苦しんでいた患者さんが、医療用麻薬を服用することで痛みが取れ、しばらく眠り続けることがあります。患者さんの肩などを少しゆすっても起きない場合は、副作用が考えられますが、それ以外は「やっと眠れるようになった」状態であることが多いようです。

    眠気の多くは、しばらく医療用麻薬を飲み続けると消失します。しかし、眠気が気になる場合は医師や薬剤師、看護師に相談してください。

医療用麻薬の正しい知識

  • がんの痛み治療は、医師や看護師などの医療者に「痛い」とつたえることから始まります。そしてその治療(WHO方式がん疼痛治療法)には、医療用麻薬が使用されます。医療用麻薬の正しい知識があれば、怖がることなく、患者さん自ら積極的な痛み治療に専念することができます。
  • 医療用麻薬は、痛みが弱くなれば徐々に量を減らして、最終的に服薬を終了することも可能です。「決して止められない薬」ではないのです。