Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

鎮痛薬以外によるがんの痛み治療法鎮痛薬以外によるがんの痛み治療法

トップがんの痛みをとる治療鎮痛薬以外によるがんの痛み治療法

鎮痛薬以外によるがんの痛み治療法

鎮痛薬以外によるがんの痛み治療法

がんの痛みを無くしたり、やわらげるには、放射線治療、神経ブロック療法、日常生活でできる対処法があります。

放射線療法

放射線治療とは、手術療法、化学療法(抗がん剤)と並び、さまざまな放射線を用いてがんを治す治療法です。
放射線治療には、短い治療期間と少ない副作用で痛みをやわらげられる長所があります。
例えば骨への転移による痛みをやわらげる場合では、1回の放射線治療で最大限の効果が得られることも多く、短い治療期間で治療可能です。代表的なものでは、体の外部から痛みの原因となっている部位に X 線などの放射線を照射する「外照射」があります。

神経ブロック療法

神経ブロック療法とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して痛みを取り除く治療法です。
身体の限定された部分に、激しい痛みがある場合や、痛み止めが効きにくい、他の薬では眠気など副作用が強い場合などの場合に有効とされています。がん疼痛治療に行われる代表的な神経ブロック療法は以下が挙げられます。

  • ・腹腔神経叢、内臓神経ブロック
  • ・下腸間膜動脈神経叢ブロック
  • ・上下腹神経叢ブロック
  • ・硬膜外鎮痛法
  • ・くも膜下鎮痛法(くも膜下オピオイド)

自分でできる痛みの対処法

自分自身で痛みを予防したり、生活を見直すことで痛みを和らげることができます。
人の体に起こる痛みは、日常生活で起きる感情など、さまざまな要因によって、良くも悪くもなります。痛みを良くしているもの、悪くしているものを見つけ出して、改善していくことで痛みが和らげられるかもしれません。

痛みを悪くする要因・良くする要因

痛みを悪くする要因 痛みを良くする要因
  • 不快感
  • 眠れないこと
  • 疲れ・だるさ
  • 不安・恐れ
  • 怒り
  • 悲しみ
  • ゆううつな気分
  • 孤独感
  • 地位を失うことなど
  • ほかの症状がやわらぐこと
  • よく眠れること
  • 誰かにわかってもらえること
  • 人とのふれあい
  • 趣味などをして過ごすこと
  • 緊張感がやわらぐこと
  • 不安が減ること
  • 気分がよくなること
※参考資料
日本緩和医療学会「患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド」
日本緩和医療学会「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2010年版」