Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

種類別がんの特徴 肝がん種類別がんの特徴 肝がん

トップ種類別がんの特徴種類別がんの特徴 肝がん

種類別がんの特徴 肝がん

種類別がんの特徴 肝がん

どんな病気か

  • 肝がんには、肝臓そのものから発症した原発性肝がんと、他の臓器のがんが肝臓に転移した続発性肝がん(転移性肝がん)があります。
  • 原発性肝がんの約90%が肝細胞がんで、約10%が胆管細胞がんです。一般的に肝がんというと肝細胞がんを指しています。
  • 日本では年間約3万1000人が肝がんで亡くなっており、男性では肺がん、胃がんに次いで、がんによる死亡の第3位となっています。2000年前後より肝がんの年間発症率は横ばいになりつつあり、肝がんで死亡する人はわずかに減少傾向にあります。
  • 肝細胞がんは他臓器のがんと異なり、多くは基礎疾患として慢性肝炎や肝硬変といった慢性の肝臓病があり、肝細胞の破壊と再生を長期にわたり繰り返すことが、発がんの大きな原因であると推定されています。なお、B型肝炎ウイルスの保菌者では、ウイルスそのものが発がんの原因になりうると考えられています。

肝臓と周囲の臓器

症状の現れ方

  • がんが直径5~10cmの大きさになると、腹部が張った感じや腹痛などの症状を起こすこともありますが、5㎝以内ではまずこれといった症状はなく、腹部超音波、X線CT、MRIなどの検査で発見されることがほとんどです。
  • がんが大きくなるにともない、肝機能の低下がみられます。また、もともとある肝硬変などの慢性の肝臓病が悪化した症状として、黄疸や腹水の増加などが現れることもあります。
    なお、がんが小さくても、破裂して腹腔に大出血を起こすと、腹部の激痛と血圧低下が起こり、急速に生命が危険な状態に陥ることもあります。

痛みについて

  • 肝臓自体は痛みを感じることがない臓器ですが、腫瘍が大きくなり肝被膜(肝臓を覆っている被膜)が伸ばされると、内臓痛*1を感じるようになります。肝臓原発の肝がんには肝細胞がんと肝内胆管がんが知られていますが、このうち肝細胞がんは、小型であっても肝臓の外へ突出するように大きくなったがんの場合、腹腔内に破裂を起こして腹部に激痛と血圧低下による急激な生命危機をもたらすこともあります。また、横隔膜に浸潤すると、右肩への放散痛(病巣のない場所へ広がるような痛み)を感じることもあります。肝内胆管がんは後腹膜に浸潤すると神経障害性疼痛*2を引き起こすことがあります。
  • *1 内臓痛:食道、胃、小腸、大腸などの管腔臓器の炎症や閉塞、肝臓や腎臓、膵臓などの炎症や腫瘤による圧迫、臓器被膜の急激な進展が原因で発生する痛みのことをいいます。
    *2 神経障害性疼痛:痛覚を伝える神経の直接的な損傷やこれらの神経の疾患に起因する痛みのことをいいます。
    (がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版より引用)

その他の種類別がんの特徴

※参考資料 六訂版 家庭医学大全科(2010年出版/法研)
※参考資料 症例で身につくがん疼痛治療薬(2014年出版/羊土社)
※参考資料 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版(2014年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編)