Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

種類別がんの特徴 肺がん種類別がんの特徴 肺がん

トップ種類別がんの特徴種類別がんの特徴 肺がん

種類別がんの特徴 肺がん

種類別がんの特徴 肺がん

どんな病気か

  • 肺がんは、気管支や肺をおおっている細胞(上皮細胞)から発生するがんで、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2つに大きく分けられます。小細胞肺がんは他のがん細胞に比べ小さいためそのように名づけられています。小細胞肺がんは肺がん全体の約10~15%、残る85~90%が非小細胞肺がんです。小細胞肺がんと非小細胞肺がんとでは、病気の特徴や薬の効きめが大きく異なります。
  • 小細胞肺がんは増殖のスピードが速く、見つかった時にはすでに他の臓器へ転移していることが多い、極めて悪性度の高いがんです。その反面、抗がん薬や放射線が比較的よく効きます。したがって、多くの場合、手術ではなく、抗がん薬や放射線で治療を行います。
  • 非小細胞肺がんは、組織型によって腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんなどがありますが、いずれも小細胞肺がんに比べると増殖のスピードは遅いものの、抗がん薬や放射線が効きにくいがんです。ただし早期に見つかり手術で完全に取り除くことができれば、完治する見込みは十分にあります。

肺がんの種類と発生しやすい場所

症状の現れ方

  • おもな症状には咳や胸痛、呼吸困難などがありますが、肺がんに特有の症状はありません。また、進行してもこうした症状がほとんど出ない場合も多々あります。そのため早期発見が難しいといわれています。
  • 診察時に肺がん患者さんでよくみられる症状を下の表にまとめました。これらの多くは肺がん以外の呼吸器疾患でもみられるものですが、明らかな原因がないのに咳や痰が2週間以上続く場合や、痰に血が混じる時は、早めに医療機関を受診することが望まれます。

初発症状を2000例の肺がん患者さんにおいて調査したもの(VA Lung Cancer Group)

症 状

74

体重減少

68

呼吸困難

58

胸痛

49

血痰

29

骨痛

25

首などのリンパ節腫脹

23

肝腫大

21

ばち状指(指が太鼓のバチのように変形する)

20

嗄声(声の嗄れ)

18

中枢神経症状(頭痛、けいれん、麻痺など)

12

上大静脈症候群(顔面と上半身だけのむくみ)

4

痛みについて

  • 肺は極めて鈍感な臓器です。先述の2000例の肺がん患者さんにおける初発症状の調査でも、痛みに関していえば49%の患者さんで胸痛が、25%の患者さんで骨痛が現れたという結果が出ていますが、これらは肺がん以外の呼吸器疾患でもみられます。
  • がんが進行し胸壁(胸の内臓を囲む骨格と周囲の筋肉や皮膚による壁)に浸潤したり、骨転移を起こしたりすると疼痛が出ます。
  • 呼吸器関連腫瘍では、疼痛と呼吸困難が混在する場面が多いです。

その他の種類別がんの特徴

※参考資料 六訂版 家庭医学大全科(2010年出版/法研)
※参考資料 症例で身につくがん疼痛治療薬(2014年出版/羊土社)
※参考資料 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版(2014年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編)