Copyright (C) Shionogi & Co., Ltd. All Rights Reserved.

みんなの体験談 肺がん(45歳女性)-K.Hさん-みんなの体験談 肺がん(45歳女性)-K.Hさん-

トップみんなの体験談肺がん(45歳女性)-K.Hさん-

みんなの体験談 肺がん(45歳女性)-K.Hさん-

みんなの体験談 肺がん(45歳女性)-K.Hさん-

心のケアを大切にしてくれた医療者に感謝

K.Hさん(女性)
疾患名:肺がん
年齢:45歳
患者さんとの関係:本人

心のケアを大切にしてくれた医療者に感謝 心のケアを大切にしてくれた医療者に感謝

K.Hさん(女性)
疾患名:肺がん
年齢:45歳
患者さんとの関係:本人

先生方の丁寧な説明で、副作用の不安を払拭できた

  • がんを告知されたときには「なぜ?」という気持ちでした。それは毎年、地域主催のがん検診を受けていたからです。治療に際しての事前説明で、抗がん剤と聞いて、真っ先に思ったのが副作用への心配でした。少しでも疑問や不安に思ったことは、その場で先生に伺いました。とても話しやすい先生で、ひとつの質問に対して、10個の答えをいただけるような感じでしたね。そうしたフレンドリーさは先生に限った話ではなく、看護師さんや薬剤師さんも同様で、実に丁寧に対応してくれました。
  • また自身でも、本やインターネットなどで使用する薬や副作用についていろいろと調べました。抗がん剤治療への不安がゼロになることはありませんでしたが、自分なりに理解を深められたことで、比較的リラックスした心持ちで治療に臨むことができました。

先生への信頼

  • 最初のうち、想定外の症状に見舞われる度に、不安や恐れを感じましたが、それらを先生方につたえることで、しっかりと対応してもらえました。そんな経験が積み重ねる中で、先生方への信頼が高まり、治療への不安や恐怖がなくなっていったように思います。

相談会や勉強会に出席する度に、
心のケアの重要性を実感

  • 私が好運だったのは、たまたま選んだ病院が、患者の心のケアに力を入れており、抗がん剤をはじめとした薬に関する勉強会、看護師や薬剤師による相談会などを定期的に開催していたことです。私も相談会などに何度か参加しましたが、その度にスタッフの方々の声に励まされましたし、今の時間を大切に使おうという気持ちにもなれました。
  • 食事療法の専門病院にカルテの提出をしてくれるなど、治療に支障のでない範囲で、私の意向を尊重してくれたのもうれしかったです。
  • 最近は大好きな旅行にも、時間を見つけては行くようにしています。好きなことに時間を費やすことで心にも余裕が生まれるし、そうした余裕は治療においても、よい結果としてあらわれると信じています。