患者・ご家族の皆さま

  1. TOP > 
  2. 患者・ご家族の皆さま > 
  3. 病気の知識 > 
  4. 小児の感染症 − こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなし

病気の知識

小児の感染症 − こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなし

ご自身やご家族の症状について、心配や疑問を持たれた場合には、ご自分で判断されずにお医者さんにご相談ください。

監修:社会福祉法人 ゆうかり医療療育センター 所長 本廣 孝 先生

のどが痛くなるこどもの病気

のどが痛くなるこどもの病

お子さんが「のどが痛い」という時、その大部分はウイルスや細菌に感染して“のど”に炎症を起こしている状態です。その多くはウイルスによりますが、細菌では怖い続発症(合併症:リウマチ熱、急性糸球体腎炎など)を引き起こす溶連菌が重要で、この細菌による感染症(溶連菌感染症:下記参照)はこどもに多い疾患です。

溶連菌感染症ってどんな病気?

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。したがって、一般にはA群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を溶連菌感染症として理解されているといってもよいでしょう。主に“のど”に感染して、咽頭炎扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱といった病気を引き起こします。

“のど”に感染する病原体

“のど(咽頭・扁桃)”に感染する病原体は、いろいろなウイルスや細菌があります。細菌では溶連菌が代表的ですが、ほかに肺炎球菌やインフルエンザ菌(インフルエンザとは関係ありません)といったものがあります。

溶連菌が起こす病気

  • 粘膜
    咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、中耳炎、副鼻腔炎など
  • 皮膚・軟部組織
    伝染性膿痂疹、蜂窩織炎、丹毒など
  • その他
    肺炎、菌血症、トキシックショック症候群など

溶連菌感染症の症状は?

症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)と“のど”の痛みです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。そのほかに頭痛、腹痛、首すじのリンパ節の腫れもみられます。急性期を過ぎますと、発疹のあとには落屑(皮むけ)が認められるようになります。風邪と違って咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。この病気には潜伏期間があり、実際に感染してからだいたい2〜5日で症状がでます。

主な症状・所見

高熱・咽頭発赤・イチゴ舌・発疹

検査とお薬

まず、年齢、熱の程度、“のど”の発赤の具合、体や手足の発疹の程度から溶連菌に感染している疑いがあれば、確認のために検査を行います。最近は、“のど”についた細菌の検査の中で、溶連菌については、5~10分以内に結果が出るので、すぐに溶連菌かどうかわかります。この検査が必要なのは、後でお話するお薬の服用期間と大きく関係してきます。
溶連菌の感染とわかれば、熱やのどの痛みといった症状をやわらげるお薬のほかに、抗菌薬が出されます。抗菌薬は病気の原因になっている溶連菌を退治する大変重要なお薬です。

抗菌薬は溶連菌を退治するまで飲む

お薬を飲み始めると、2〜3日で熱が下がり、のどの痛みもやわらいできます。発疹が出た場合、急性期を過ぎて、手足の指先から始まる落屑(皮むけ)が認められるようになります。確実に溶連菌を退治し、重大な続発症(合併症)を引き起こさないために、症状が消えても抗菌薬はしばらく飲み続けなくてはいけません。一部の抗菌薬以外は5~10日間飲み続ける必要があると言われていますので、医師の処方どおりに最後まで飲ませることが大切です

一部の抗菌薬以外は5~10日間飲み続ける必要があると言われています

※日本小児呼吸器学会・日本小児感染症学会 小児呼吸器感染症診療ガイドライン作成委員会:小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017,協和企画,東京,2016;5-10

溶連菌感染症の続発症(合併症)について

5~10日間お薬を飲み続けるのは、こどもにはとってもむずかしいことかもしれません。しかし、決められた期間はしっかり抗菌薬を飲んでおかないと、ときに、心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、急性糸球体腎炎といった続発症(合併症)につながることもあります。

溶連菌感染症(しっかり治しておかないと)→続発症(合併症)リウマチ熱や急性糸球体腎炎を併発する場合があります

溶連菌感染症の再発と家族への感染

溶連菌は咳やくしゃみなどで近くの人に感染(飛沫感染)します。

溶連菌感染症は、繰り返しかかることもあります。大人になってもかかります。溶連菌感染症の症状としては咳や鼻水がありませんが、日常生活の中で出る咳やくしゃみなどによって近くの人に感染(飛沫感染)することがあります。また、溶連菌に汚染された食品が原因のこともあります。一人がかかったら家族、特に一緒に遊んでいる兄弟への感染に注意が必要です。

家庭の中で気をつけること

食事

「熱い」、「辛い」、「すっぱい」といった“のど”に刺激の強いものは避けてください。なるべくのどごしがよく、消化のよい食べ物にしてあげてください。食べるのがつらいようでしたら水分だけでもしっかり摂るよう心がけてください。その場合も炭酸水といった“のど”に刺激を与える飲料水は避けてください。

入浴

熱が下がれば、お風呂に入っても特に問題はありません。

のどが痛い時や食欲がない時の飲み物・食べ物

×のどに刺激のあるもの(● 熱いもの● 冷たすぎるもの● 辛いもの● すっぱいもの● にがいもの) ○のどに刺激のないもの(● のどごしがよいもの:ゼリー、ヨーグルト、ババロア、プリン、ポタージュスープなど● 消化のよいもの:お粥、パン粥、煮込みうどん、煮た野菜(ほうれんそう、にんじん、大根、じゃがいもなど)豆腐、茶碗蒸し、白身の魚など)

症状が改善しなくて困った時

お薬(抗菌薬)を飲み始めて2〜3日たっても熱が下がらず、“のど”の痛みも消えないようでしたら、再受診してください。お薬が効いていないこともありますし、水分が不足がちになっている可能性もありますから、放っておくわけにはいきません。

登園や登校について

いつ頃から幼稚園や学校に行ってよいかは、熱が下がってから、伝染のおそれがなくなってから、発病後7日を経過してから、治癒してから、などと言われています。参考として登校(園)の目安ですが、文科省の解説*では、『適切な抗菌薬療法開始後24時間以内に感染力は失せるため、それ以降、登校(園)は可能である』と、又厚労省のガイドライン**でも『抗菌薬内服後24~48時間経過していること。ただし、治療の継続は必要』との記載があります。
さて、元気に遊べるようになると、お子さんもご家族も、もう安心と思いがちです。でも先ほどお話しましたように続発症(合併症)や再発のおそれがありますので、抗菌薬は医師が指示した期間中、しっかりと飲むように心がけてください。

*文部科学省「学校において予防すべき感染症の解説」平成25年3月 p.44
**厚生労働省「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」平成24年11月 p.50

念のための尿検査

念のための尿検査

発病2週と3〜4週後頃に尿検査をして、尿に異常がないことを確認しましょう。この検査で異常がなければ、合併症の腎炎はおそらく大丈夫でしょう。

ページトップへ