患者・ご家族の皆さま

  1. TOP > 
  2. 患者・ご家族の皆さま > 
  3. 病気の知識 > 
  4. 蕁麻疹(じんましん) − 蕁麻疹 どんな病気?

病気の知識

蕁麻疹(じんましん) − 蕁麻疹 どんな病気?

ご自身やご家族の症状について、心配や疑問を持たれた場合には、ご自分で判断されずにお医者さんにご相談ください。

監修:広島大学大学院 皮膚科学 教授 秀 道広 先生

どうして起こるの?

私たちの皮膚の表面には角層(表皮の最外層)があり、外部の刺激物などの侵入からからだを守る役目をしています。角層の下に表皮と真皮がありますが、真皮には蕁麻疹の原因となるヒスタミンなどを蓄えている肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれます)が存在します。
肥満細胞が何らかの刺激を受けると、ヒスタミンなどが放出されます。このヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用すると、血液成分が血管外へ漏れ出して皮膚にミミズ腫れ、ブツブツ(膨疹)や赤み(紅斑)が生じ、また、皮膚に存在する神経に作用してかゆみを生じます。
その発生機序には、アレルギー性と非アレルギー性とがあります。

解説図と症例

何が原因なの?

蕁麻疹を起こす刺激・誘因

蕁麻疹を起こしやすい刺激として、食品、薬剤、物理的刺激などがあります。

食品 そば、エビ、カニ、果物など(アレルギーで起きる)
サバ、マグロなどの青魚
(魚肉が古くなりヒスタミンが産生される)
豚肉、タケノコ、もち、香辛料など
食品中の防腐剤、人工色素、サリチル酸
薬剤 抗生物質(ペニシリン、セフェム系など)
解熱鎮痛剤など
降圧剤(血管性浮腫の原因になることがあります)
物理的刺激 皮膚のこすれ、寒冷、温熱、日光、圧迫など
発汗 入浴、運動、精神的緊張(冷や汗)など
その他 感染症、疲労、ストレスなど

誘因が明らかでない蕁麻疹

72.8%: 突発性の蕁麻疹(急性蕁麻疹・慢性蕁麻疹) 他:特定の刺激により症状があらわれる蕁麻疹

蕁麻疹患者さんの70%以上では誘因が明らかではありません(特発性の蕁麻疹)。
このタイプの蕁麻疹は毎日のように症状があらわれます。
発症して1ヵ月以内のものを急性蕁麻疹、1ヵ月以上持続するものを慢性蕁麻疹といいます。なぜこのような蕁麻疹になるのかまだ良く分かっていません。

なお、誘因が明らかでない特発性の蕁麻疹でも、多くの場合、疲労やストレス、感染など、さまざまな因子が症状を悪化させることが知られています。

蕁麻疹と因子率のグラフ

ヒスタミンの働きを抑えることがポイント

特定の刺激により症状があらわれる蕁麻疹では、特定の刺激を避けることが重要となり、自発的に症状があらわれる蕁麻疹では、薬物治療をおこないます。

薬物治療

蕁麻疹のもとになるヒスタミンを抑える薬である抗ヒスタミン薬をのみます。
抗ヒスタミン薬には多数の種類があります。

  • 眠くなるもの、眠くなりにくいもの
  • 1日1回あるいは2回以上のむもの
  • 錠剤、水なしでものめる口腔内崩壊錠、ドライシロップ など

抗ヒスタミン薬の効果には個人差がありますので、医師の診察を受けて自分に合った薬を処方してもらいましょう。
抗ヒスタミン薬をのむと眠気が発現したり、注意力や集中力が散漫になることがあります。 自動車運転などの機械操作をする方や受験生など眠気があっては困る方はあらかじめ医師・薬剤師にご相談ください。

自動車運転などの機械操作をする方や受験生など眠気があっては困る方はあらかじめ医師・薬剤師にご相談下さい。

症状が良くなったら薬はすぐに止めていいの?

医師に相談しましょう。

抗ヒスタミン薬をのんで症状が消えても一定期間のみましょう。
急性蕁麻疹では数日から1週間程度、1~2ヵ月続いた慢性蕁麻疹では1ヵ月、それ以上の慢性蕁麻疹では2ヵ月が目安です。自分の判断で薬をのむのを止めずに、医師に相談しましょう。

「かきむしり」は悪いの?

蕁麻疹は強いかゆみを伴います。かくと一次的にかゆみが軽減しますが、かきむしりによって、しばしば蕁麻疹の範囲が広がりかゆみが増強します。現在、蕁麻疹にあまりお勧めできる塗り薬はありませんが、かゆいときは冷やすなどの処置も有効です。人によっては、かきむしることにより皮膚を傷つけたり、新たに湿疹を生じることもあります。

かゆみ→かく(気持ちよい→かきむしり、湿疹化)→範囲が広がる

どんな点に気をつければいいの?

特定の刺激により症状があらわれる蕁麻疹の場合

  • 特定の刺激を避ける
  • 服の刺激が原因と考えられる場合は、木綿製などの生地が柔らかくゆったりした服装にしましょう。
  • 汗が原因と考えられる場合は、激しい運動は控え、発汗を促すような刺激物の摂取は避けましょう。
    (人により入浴で症状が改善されることもあります。)

特定の刺激を避ける。

自発的に症状があらわれる蕁麻疹の場合

  • 生活上のストレス、疲労をためないようにしましょう。
  • 過度の飲酒を避けましょう。
  • 悪化因子となる食品や薬剤に注意しましょう。
  • 感染症(かぜなど)に気をつけましょう。

生活上のストレス、疲労をためないようにしましょう。過度の飲酒を避けましょう。

医師・薬剤師の指示や日常生活に関する注意を守りましょう。(お薬を中途半端にのむと症状が長引くことがあります。)

ページトップへ