患者・ご家族の皆さま

  1. TOP > 
  2. 患者・ご家族の皆さま > 
  3. 病気の知識 > 
  4. 変形性関節症 − 関節の痛みが続いてお悩みの方へ
    〜これからも自分らしく過ごし続けるために 治療で痛みを和らげていきましょう

病気の知識

変形性関節症 − 関節の痛みが続いてお悩みの方へ
〜これからも自分らしく過ごし続けるために 治療で痛みを和らげていきましょう

ご自身やご家族の症状について、心配や疑問を持たれた場合には、ご自分で判断されずにお医者さんにご相談ください。

監修:島根大学医学部整形外科 教授
 内尾 祐司 先生

変形性ひざ関節症の患者さんは日本で2530万人

変形性関節症は、関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、炎症や痛み、こわばりなどが起こる病気です。ひざ関節や股関節、足関節などによくみられます。
なかでも一番多くみられる「変形性ひざ関節症」は、日本で2530万人の患者さんがいると推計されています。男性に比べ女性に多くみられます。

痛みを伴う変形性ひざ関節症患者さんの男女比は3:7

いずれも2005年国勢調査の人口動態をもとに算出,40歳以上
Yoshimura, N. et al.:J. Bone Miner. Metab., 2009, 27(5), 620より作成

関節に違和感や痛みを感じたら、そのままにせず早めに医師に相談を

平均寿命と健康寿命の対比イメージ

「平均寿命」が延びている日本では、健康で自立した生活を送ることができる期間、いわゆる「健康寿命」が注目されています。変形性関節症など、運動器の症状をそのままにしておくと、歩く、座る、立ち上がるといった日常の動作に支障が出始め、進行すると生活に制限がかかるだけでなく、介護が必要となるリスクが高まります。
変形性関節症は適切に対応すれば、「痛み」などのつらい症状を和らげることができます。我慢せずに、まずは医師に相談してみましょう。

痛みを和らげ、外出や趣味を楽しめるようにすることが大切

外出のイメージイラスト

変形性関節症の治療では、様々な治療をとおして痛みを和らげ、生活の中で感じる支障を軽くしたり、痛みで制限されていた外出や趣味などを楽しめるようにすることを目標にしていきましょう。

変形性関節症の症状と進行度(変形性ひざ関節症)

グレード1、イメージイラスト関節軟骨が少しずつ傷つき始めます。小さな骨棘がみられることもありますが、ほぼ健康な状態で外からは変化がわかりません。

グレード2、イメージイラスト関節軟骨の弾力がなくなり、関節への負荷が1ヵ所にかたよってきます。関節の隙間がせまくなっていたり、骨棘ができ始めている状態です。

グレード3、イメージイラスト関節の隙間がさらにせまくなり、骨棘がさらに作られている状態です。痛みやO脚の度合いが強くなってくるため、日常生活に支障を感じるようになります。

グレード4、イメージイラスト関節の隙間がほぼなくなり、骨と骨がぶつかっている状態です。体を動かさなくても痛みを感じ、O脚はさらに進みます。手すりや杖なしでは歩くことが難しくなります。

骨棘(こつきょく)とは?

関節軟骨がすり減ってしまったことで大きくなった関節への負担を分散させようと作られる、新しい骨のこと。その名のとおり、トゲのような形をしています。

〈参考〉
Kellgren, J. H. et al.:Ann. R heum. Dis., 1957, 16(4), 494
丸毛啓史:名医が語る最新・最良の治療 変形性関節症(股関節・膝関節)(杉山 肇ほか著),
2012, pp. 141-144, 法研, 東京

関節が痛む原因 変形性関節症

イメージイラスト

関節にある軟骨は、手や足にかかる衝撃を吸収したり、手や足をスムーズに動かす役割があります。なんらかの原因で、この関節軟骨が変化しすり減ると、軟骨どうしがこすれて炎症が起こり、痛みが起こります。

変形性関節症の原因は?

加齢や外傷、肥満、性別、遺伝子との関連、関節への大きな負荷などが要因であることがわかってきましたが、まだすべてが明らかになったわけではありません。

関節から生じる痛みと脳が感じる痛み 「持続する痛み」のメカニズム

変形性関節症の痛みは、関節そのものから生じているだけではなく、長く続く痛みの信号によって神経経路が正常に働かなくなるために起こっている可能性があります。

「持続する痛み」のメカニズムの図

変形性関節症の治療

薬物療法

薬のイメージイラスト

薬物療法では、鎮痛薬や関節の機能を改善する薬剤などを使います。
痛みの重症度や患者さんの状態を考慮して選択されます。

痛みに対する薬剤

◯ 内服薬
非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs(エヌセイズ))や解熱鎮痛薬
(アセトアミノフェン)などがあります。
また、痛みの信号を抑える経路に働く薬もあります。

◯ 外用剤
軟膏やクリーム、湿布などの外用剤には、NSAIDs外用剤、オピオイド、カプサイシン( 唐辛子抽出物)などがあります。

◯ 関節内注入薬
関節の炎症が強い場合、ステロイドを注入することがあります。

関節を保護する薬剤

◯ ヒアルロン酸(関節内注入薬)
関節液は、関節をスムーズに動かす潤滑液の働きをしています。関節液の機能を改善する目的で、関節内にヒアルロン酸を注入する方法があります。

関節の痛みを悪化させないために

薬物療法には、炎症を抑えて症状の悪化を防いだり、運動療法を行うために痛みを抑えたりする目的があります。自己判断で服薬をやめたり、量を変更したりすることはやめましょう。副作用など、気になることがある場合は、すぐ医師に相談して下さい。

サプリメントについて

市販されているサプリメントは症状を和らげるかどうか、はっきりとしたことはわかっていません。

井上 一監修:変形性関節症の診かたと治療, 2012, pp. 107-109, 医学書院, 東京

運動療法

運動によって筋力が維持されたり、痛みが和らげられたりして、日常の動作ができるようになります。運動療法のやり方や目標は、無理がないよう、医師と相談して決めていきましょう。

筋力トレーニングの一例(変形性ひざ関節症)

腰かけ脚上げ体操

片脚20回ずつ、朝晩1セットイスに浅く腰かけ、ふちをつかみます。片方のひざをゆっくり伸ばし、足首を曲げます。

しっかり止めて、ひざの上の筋肉を意識。足首は90度以上曲げる。顔を前に向け、背筋を伸ばす。床から10 cmの高さまでゆっくり脚を上げ、5秒間保ちます。ゆっくり下ろし、脚をかえて繰り返します。

あおむけ脚上げ体操

片脚20回ずつ、朝晩1セットあおむけに寝て、片方のひざを30度以上曲げます。反対の脚はできるだけ伸ばし、足首を曲げます。

しっかり止めて、ひざの上の筋肉を意識。足首は90度以上曲げる。真上を向き、背筋を床につける。床から10cmの高さまでゆっくり脚を上げ、5秒間保ちます。ゆっくり下ろし、脚をかえて繰り返します。

減量

肥満がある人は、減量することが推奨されています。

装具療法

装具療法のイメージイラスト

関節の変形を矯正・予防したり、関節にかかる負担を減らして痛みを和らげたりするなどの目的で、「装具」が使われる場合があります。固定する部位や目的によって、様々な装具を使います。

装具の一例

◯ ひざ関節を支える装具イメージイラスト

◯ 股関節を支える装具イメージイラスト

手術

薬物療法や運動療法などでは痛みがおさまらなかったり、機能改善が得られなかったりするなど、日常生活に大きな支障がある場合、手術することがあります。
手術には、骨を切って変形を治すことで、関節への負担を減らし、痛みを和らげようとする方法や、人工の関節に置き換える方法などがあります。

骨を切って変形を治す手術(変形性ひざ関節症)

手術前と手術後のイメージ図

薬物療法は運動療法などと組み合わせて行うことが推奨されています

運動のイメージイラスト

関節の痛みによって、歩くなど体を動かす機会を失ってしまうと、筋力が弱まり、さらに体を動かさなくなるという悪循環に陥ってしまいます。
変形性関節症の治療では、この悪循環を断ち切ることが重要です。そのために、薬物療法で痛みを和らげ、筋力を維持する運動療法などを組み合わせて行うことが推奨されています。

悪循環、良循環の図、監修:順天堂大学医学部整形外科学講座 准教授 石島旨章 先生

〈参考〉
井上 一監修:変形性関節症の診かたと治療 第2版, 2012, p. 64, 医学書院, 東京
日本整形外科学会 運動器疼痛対策委員会編:運動器慢性痛診療の手引き, 2013, p. 7, 南江堂, 東京

ページトップへ